« 冬の田んぼ | トップページ | グローバル化と世界の問題 »

2016年12月14日 (水)

プライバシーのこと

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

10risiri_senpousi21

近所付き合いも今は昔…「近所の人に会いたくない」7割超えだそうです。(exciteニュース)

「遠くの親戚より近くの他人」…遠く離れた親類よりも隣近所の人が力になってくれるということわざは、すでに時代錯誤なのでしょうか・・・

★お隣りは何人家族?★いつ入・転居された分らない?・・・これでは当然でしょう。

プライバシー問題 

そもそもプライバシーってなんでしょう。

☆はずかしいものはみられたくない…

☆他人に知られくない…

などありますが…

プライバシーとは …他人の侵害から保護される私生活や私事。他人から隔離されて、一人でそっとしておいてもらいたいという、生活上の利益が人格権の一つです。(ブリタニカ辞書)

プライバシーがあって当然のように思われがちな世の中ですが、本当にプライバシーって必要なんでしょうか?

プライバシーがまったく必要ないといってしまうと、自分のすべてをさらけ出してしまうみたいで、まったくないというのもいかがかなと思いますが、過剰にプライバシーを求めてしまうのは、どうでしょう?

たとえば、家庭で考えてみると…

★近所の人に家庭内をみられたくない→☆家庭内のプライバシーを守りたい。

★子供を危険にさらさせてはいけない→☆子供のプライバシーを守らなきゃ。

など、家庭の場においてプライバシーを保護しなきゃみたいな意識があるように思えますが、これが過剰になった場合、どうでしょうか?

家庭内の情報を絶対に外には知られたくない→★ご近所付き合いがなくなる。
子供を危険から守り続けないといけない→★子供の過保護。

こうなってしまっては、家庭という枠の中から出ることができず、ご近所のことを信頼できなくなったり、子供は親の過保護によって、子供は親に指示されたことだけをするようになり、何も考えなく、指示待ち症候群になってしまいます。

これでは、家族にとっても子供にとっても、外にあるさまざま可能性にめぐり合うチャンスが、なくなっていきます。まして、親の過保護は、子供の引きこもりにつながりかねない行為でもあります。

逆にプライバシーを、気にするのではなく、いろんな人が集まる場にいって、自分の思ってる疑問などを問うたり、話会いをしして、いろんな気づきを発見をすることが、大切なのではないでしょうか・・・

防災・防犯じょうでも、最低限の情報は必要です。

天災・犯罪は、何時起こるか分かりません。ご近所間で、知って置きたいこと事があると思います。ご家族の人数(年齢)・非常時の連絡先などは絶対に必要と思うのです。

そして、地域社会において、安全・安心は、個人では確保できません。自助・共助・公助の精神は、個人の最低限の情報は必要です。

|

« 冬の田んぼ | トップページ | グローバル化と世界の問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/68834346

この記事へのトラックバック一覧です: プライバシーのこと:

« 冬の田んぼ | トップページ | グローバル化と世界の問題 »