« 利他の心と感謝の心 | トップページ | 春を待つ »

2016年12月20日 (火)

健康とは

077

健康とは・・・

昨夜のNHKラジオ深夜便で、順天堂大学医学部教授 小林弘幸さんは、「人間を構成している60兆個の細胞に、きれいな血液を送ることである。」と言っていました。

血液の流れは生命活動そのものであるとも考えられ、綺麗な血液のスムーズな流れが健康を大きく作用するといっても過言ではないと思います。私たちの体を流れる血液は、全身の血管を通って栄養と酸素を約60兆個と言われる細胞のすみずみまで運びます。

そして、老廃物と二酸化炭素を受けとって、それぞれ排せつ器官に送り出すことをくり返すことで、生命が維持されています。

また血液は、各分泌器官で分泌されたホルモンをそれぞれ対応する器官まで運び、働きを活発にさせたり、体内で発生する不必要な熱を体の表面の血管まで運び、体外へ放散させ体温調節をしたりするなど、私たちの健康にとても重要な働きを担っているのです。

血を綺麗にしていく努力は、食べる事、飲む事、運動する事、考える事、知識を深める事、生活のリズムなどを、今まで「良い」と思っていた事が本当に「良いのか悪いのか」を考える事でもあり、「悪い」と分かれば「悪い」事はしないと言う事だからです。(癌を完治させた神河照美さんのホームページより)

改めて・・・健康とは

血液の流れは生命活動そのものであるとも考えられ、綺麗な血液のスムーズな流れが健康を大きく作用するといっても過言ではないと思います。

そして、「病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあること。」と思います。

 

|

« 利他の心と感謝の心 | トップページ | 春を待つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/68911916

この記事へのトラックバック一覧です: 健康とは:

« 利他の心と感謝の心 | トップページ | 春を待つ »