« 政治は「国民ファーストで・・・」 | トップページ | 平凡な毎日が幸せ »

2016年12月27日 (火)

心にゆとりを持つ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Dscn04001

「心にゆとり」

むかし、会社の先輩から「心にゆとりを持て」と言われたのですが、どう言うことか考えました。それは、自分に与えられた仕事を確り覚えて、誰に聞かれても、答えられること…また、しっかり成果を上げることです。

一般社会においては、ある問題が起きて対処の仕方は、人それぞれでありますが、「心にゆとり」がれば、なんなく解決できるでしょう。それには、多くの人の話を聞く、本を読む、など若いときから、学ぶことです。

若いときから遊びに夢中になり、勉強はあまりしなかった人と、しっかり勉強した人間では、「心のゆとり」方が違います。

また、若いうちは、「苦労は買ってでもしろ!」と親父から言われ、いろいろな経験をすることで「生きていくための知恵」を身につけることで、「こころにゆとり」が出来るのです。

心にゆとりがあることは素晴らしいことです。

仕事に、家庭に、人生に、ゆとりは人を柔和にし、思いやる心が芽生え、そして決断を必要とする時にも 冷静な判断や知恵を生み出します。

人は誰もが余裕やゆとりを求めますが、今の時代自分の生活と身を守るのが精一杯の人も少なくありません。余裕のある人と そうでない人では、同じ事をしていても結果に大きな開きが生じる場合があります。夫婦間、子育てや仕事にも「ゆとり」が果たす役割は決して小さくはありません。

人助けや助言も自分に「ゆとり」が無ければそれどころではありません。励まし語る言葉にも、聞く人に勇気と力を与えるか、それともタダの同情に終わるか、その人が持つ余裕のほどが顕著になります。

「ゆとり」を持つためには、「夢を持つ」・目標を持つこと…そして研究、勉強することです。また、それを続けることです。

|

« 政治は「国民ファーストで・・・」 | トップページ | 平凡な毎日が幸せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/69003095

この記事へのトラックバック一覧です: 心にゆとりを持つ:

« 政治は「国民ファーストで・・・」 | トップページ | 平凡な毎日が幸せ »