« 紅葉の平林寺 | トップページ | これからの町内会を考える »

2016年12月 5日 (月)

富士を眺めて昔を思い出す

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Yk00004569_31

枯れ葉落ち 木立の隙より 富士が見え

私は生まれも育ちも、同じの土着人間です。子供の頃(1950年頃)、子供同士で、近くの山へ行くことが好きでした。山の名前は富士谷戸山です。山と言っても僅か標高200メートルぐらいです。その山は雑木林で覆われて、一人がやっと通れる道です。

堂了堂は、その小高いところに建てられていて、荒れ果てていました。近くにお婆さんが一人で住んでいたという、朽ち果てた小屋がありました。その頃より、神霊スポットと言われ、一人では行けない、ちょっと気味悪かったところです。

農家の人ばかり、畑の仕事が一段落し、後は山仕事(木を切り燃料・くず葉で肥料にする)を残した、この頃だったのです。

多摩丘陵の尾根ハイキングコースがあって、国道16号(御殿峠)~堂了堂~平山(平山城址)~高幡まで、青年団(若葉会)の20人ぐらいで、歩いた覚えがあります。

今は、開発され住宅でいっぱいで、ハイキングコースは分りません。富士山を眺めそんな昔を思い出しました。

|

« 紅葉の平林寺 | トップページ | これからの町内会を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/68707000

この記事へのトラックバック一覧です: 富士を眺めて昔を思い出す:

« 紅葉の平林寺 | トップページ | これからの町内会を考える »