« 老人の不安 | トップページ | 美しいまちと伝統文化を後世に繋げよう »

2016年11月19日 (土)

平凡に生きることは非凡

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Dsc0712011

私は、平凡でいることが、実は一番難しいということじゃないかと思います。自分では平凡だと思っていても、人の価値観は様々なので、他の人から見ると非凡に見える?

だから、本当は平凡であるということの方が難しい。平凡でいられることは非凡な才能である、という意味ではないかと思います。

「平凡なことを、毎日平凡な気持ちで実行することが非凡である」何をするかより、できることを続けるのも大きな挑戦なのかもしれません。

大切にしたいものは何んだろう?

やりたいことが分からないときは、自分が大切にしていることを考えることです。大切にしたいことが分かると、今、自分に必要なことが見えてきます。

例えば、家族と過ごす時間を大切にしたいと感じたら、時間に余裕を持つにはどういう生活が必要かと考えることになります。

そこから、やるべきことが自然と見えてきます。自分が本当にやりたいことを模索するときに、深く考えてしまいます。まずは行動してみることです。

自分の頭のなかで考えを組み立てる時間は大切ですが、まずは一歩踏み出すことで新たに見えるものがあるかもしれません。

|

« 老人の不安 | トップページ | 美しいまちと伝統文化を後世に繋げよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/68480776

この記事へのトラックバック一覧です: 平凡に生きることは非凡:

« 老人の不安 | トップページ | 美しいまちと伝統文化を後世に繋げよう »