« 人生の目的・・・ | トップページ | 長寿社会を生きる »

2016年11月30日 (水)

空き家について

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

9acf51df3ca04976bdf12ee53423c4fd_l1

昨年制定された「空き家対策特別措置法」。この法律によって、「特定空き家」と見なされた家の所有者は、市町村から撤去や修繕を命令されたりします。

また、住んでいなくても毎年支払わなければならない固定資産税についても最大で6倍にまで引き上げられることになり、これからは空き家を放置できない時代となりました。

現在、空き家の数はおよそ820万戸(総務省「住宅・土地統計調査」2013年度調査結果)、国内全体の住宅供給数はおよそ6,063万戸ほどあり、7軒に1軒が空き家化していることが分かります。

しかし、そのような状況においてもなお、毎年80~90万戸の新築住宅が建築されているという現状があるなかで、私たち日本人は誰もがこの空き家問題に直面する事態となってきているのです。

空き家となる、大きな原因は人口減少ですが、雇用が都市部に集中していることや、長寿命化による介護施設の利用増加、経済成長時期の時代に合わない制度、そして利権など、さまざまな原因が絡み合っているのがこの問題だと思います。

私たちのまちも空き家が増えて、防災・防犯などで問題となって来ています。町会・隣組としても、防犯・防災対策からも心配されるところです。

長らく放置(数ヶ月)して雑草が枯れて、タバコの火などがつきやすく、特にこれからの時期、湿度は低い季節となり心配です。

また、所有者の所在が分らない…分っても遠く離れた町で連絡が取れにくい…お宅があります。きょう、私はお隣の空き家の、フェンスの道路沿いの雑草と落ち葉を始末したのですが、まだまだ、落ち葉は積もります。

また、バス通りのお宅には、コンビニ弁当の、空き袋と缶ビール・ペットボトルが、投げ捨てられいて美観が損なわれています。そして、ハクビシンなどの小動物が入り込んで、匂い・物音衛生上にも不安となってきています。

|

« 人生の目的・・・ | トップページ | 長寿社会を生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/68635124

この記事へのトラックバック一覧です: 空き家について:

« 人生の目的・・・ | トップページ | 長寿社会を生きる »