« 川の流れのように… | トップページ | 人は何のために生きるのか »

2016年11月 8日 (火)

慌しい年末が近づく

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

199912070922111

立冬に 富士の裾野に 枯れ葉舞う

昨日(11月7日)…24節気の立冬でした。

一昨日は山中湖の近くで一泊しました。宿泊施設の窓から、富士を望むと、頂上に雪が見えましたが、ほんの少しという感じでした。富士の裾野の山中湖の付近の国道138号線の道路には、白樺の枯れ葉が風で舞っていました…。

昨日は、朝はさすがに、寒さを感じる東京地方でしたが、日中は18℃位まで上昇したようでした。でも、北海道では寒かったことでしょう。

慌しい年末が近づいて来ました。

寒さが本格的になり、早くも年末商戦…東京のデパートでは、クリスマスツリーが飾られたとニュースがありました。

世界の動きで、アメリカの大統領の投票日が8日です。そしてイラクのモスル奪還作戦・など中近東の動きも目が離せません。また、お隣り韓国の朴槿恵大統領のスキャンダルも気になります。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの問題・東京築地市場の豊洲移設の問題も難しいことで、小池都知事の采配が注目されます。そして、2020年以降の地球温暖化対策の新たな国際的枠組み=「パリ協定」が、4日に発効しました。

7日にはモロッコで第1回締約国会議が開かれ具体的なルール作りがスタートしましたが、正式なメンバーとして参加するには10月19日までに協定を批准しなければならず、結局、日本政府はオブザーバーでしか参加できないことになったのです。日本の存在感の低下は避けられないでしょう。大失態と言わざるを得ません。

また、読売新聞ニュースでは、国内有数のハクチョウの越冬地として知られる新潟県阿賀野市の瓢湖では、冷たい湖面を泳いだり、朝日を浴びて舞ったりしていた。

同市瓢湖管理事務所によると、10月5日に今年初めて飛来が確認された。今月4日には3648羽が確認され、朝早くに湖を飛び立ち、日中は餌を求めて田んぼなどに移動している。今月下旬のピーク時には6000羽ほどになる見込み。越冬して3月頃には北へと回帰する。

グローバル化した世界経済です。週明け7日のニューヨーク株式相場は、300ドル超えの急伸ということです。「静と動」、落ち着いて行動をすることが大切です。

« 川の流れのように… | トップページ | 人は何のために生きるのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/68299323

この記事へのトラックバック一覧です: 慌しい年末が近づく:

« 川の流れのように… | トップページ | 人は何のために生きるのか »