« 慌しい年末が近づく | トップページ | 年をとるということ »

2016年11月 9日 (水)

人は何のために生きるのか

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

08kakunodate_koyo11

人生の目標…?生きことの意味を考えてみると・・・

アインシュタイン…「他人のために尽くす人生こそ、価値ある人生だ」なのだと思う。他人の尽くすことで、究極の目標「幸せ」を得られると思うからです。

稲盛和夫氏の言葉に感銘しています。

私は、人は皆、幸せな人生をまっとう出来ると考えております。

「どんな境遇にあろうとも、愚痴や不平不満を漏らさず、常に生きていることに感謝すると同時に、周囲の人々に対して、また社会及び自然に対しても感謝するような、澄み切った美しい心を持つ。」

「また、いかなる困難に遭遇しようとも、明るく前向きに自らの運命をいい方向へ変えていこうと必死の努力をする。そのように努めるならば、誰もが幸せな人生を歩むことが出来ると、私は信じております。」

生きていることに感謝する。

人は、幸せを感じる心がなければ、感謝に至りません。普通は、不足を感じる事ばかりで、心の中は不満でいっぱいです。だからこそ 『 足るを知る 』 ことが大事なのです。足るを知れば、幸せを感じ、感謝することが出来るようになります。

善きことを思い、善きことを行えば、人生は好転する。

人生は 『 運命 』 という縦糸と 『 因果の法則 』 という横糸によって織りなされる。因果の法則によって 『 運命 』 を変えることが出来る。

『 因果の法則 』 善いことを思い、善いことをすれば運命は善き方向へ変わっていくし、悪いことをすれば、その運命は悪い結果へと変わっていく。そういう厳然たる因果の法則というものが我々の人生にはみな備わっているのです。

« 慌しい年末が近づく | トップページ | 年をとるということ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/68349221

この記事へのトラックバック一覧です: 人は何のために生きるのか:

« 慌しい年末が近づく | トップページ | 年をとるということ »