« 縁 | トップページ | 完璧な人間などいない »

2016年10月23日 (日)

理性と感情のバランス

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo

理性と感情のバランスが大切

理性と感情は不可分(分けることができない)です。だから理性と感情のバランスが大切となるのです。

感情的な人は、頭脳の回転が早くなる反面、短期間で処理されるので継続性が弱い。一方、感情でものごとを捉えない理性的な人は、瞬間的な理解力が弱いことになります。どちらも一長一短です。だから、理性と感情は上手くバランスをとることが大切なのです。

感情を、丁度良いバランスに保つために、感情をコントロールするというのは、「感情のみを、優先させない」ということであって、感情を消し去ることではありません。

多くの人が、感情に振り回されることを改善しようとして「感情を麻痺させて、何も感じなくしよう」としたり、「感情を抑え込もう」としたりして、逆に、混乱しています。

人間ですから、誰でも感情は出てきますし、感情が悪いわけではありません。ただ、その感情の、度合い、バランスが大切なのです。

私は、感情を操作するのではなく、「理性の強弱により、感情と理性が釣り合うようにしていく」のが効果的と思います。

感情のみを基準にして選択や判断をしたり、感情が発生したことで瞬間的に行動をとると、その行動の結果は、不本意なもになるからです。

そうならないために、感情を、丁度良いバランスに保ち、大きくしすぎないように、コントロールをしていくことが大事で、感情をゼロにしようとしたり、(すでに)発生したものを抑えようとしたりするのは、ちょっと、捉え方が違っているのです。

つまり、感情をコントロールするためには、理性を磨いて高めていくこと…普段から、理性的な思考や分析を心がけること…理性を使った思考をする習慣をつけることが大事です。

理性的な人は「他人に迷惑を掛けない」という点において社会性が高い分、ストレスを溜めがちです。一方、感情的な人は「感情豊かにのびのび生きる」という点において自己満足度が高い分、周囲との軋轢を生みやすいといことです。

|

« 縁 | トップページ | 完璧な人間などいない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/68064735

この記事へのトラックバック一覧です: 理性と感情のバランス:

« 縁 | トップページ | 完璧な人間などいない »