« 持続可能な地域社会 | トップページ | 人は老いるほど心豊かになれる »

2016年10月10日 (月)

80歳にして人生を考える

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

10kouchi_katurahama11

「良好な人間関係」って何んだろう?

やっぱり人の幸福度は、「人間関係の善し悪し」決るものだと今は考えています。

人と人の関係は、長く、つきあえばもちろん、波風が立つこともあります。小さなケンカがあったり、一時疎遠になったり、いろいろあります。良好な関係とは「お互いに頼りあえる」と感じる関係です。

80歳で幸せを感じられること。

ある人は言います…50歳時点からの人間関係が高い満足度を感じているほど、80歳になった時の幸せ度が高くなるそうです。

なぜかといえば、50歳~80歳の30年間は、加齢に伴う健康問題、退職に伴う経済的変化、人との付き合う人の違い・変化、場合よっては介護などなどのと身心の変化は、避けようもありません。私は、もう直ぐ80歳になり実感しています。

幸福度の下がってしまう一番の要因は、家族との関係の問題なのだそうですが?

今真剣に考えていることは、「いま、何をしなければいけないのか?一番重要なものって何だろうか?」探し求めています。

でも多分見つからないでしょうが…

マーク・ウエイン言葉
かくも短い人生に 諍い 謝罪し 傷心し 責任を追及している時間などない。愛し合う為の時間しかない。それが例え一瞬にすぎなくとも。」

|

« 持続可能な地域社会 | トップページ | 人は老いるほど心豊かになれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/67865693

この記事へのトラックバック一覧です: 80歳にして人生を考える:

« 持続可能な地域社会 | トップページ | 人は老いるほど心豊かになれる »