« これからの地域社会と課題 | トップページ | 物事の本質を知る »

2016年10月 2日 (日)

一日一善してみませんか

07rose_ame21

最近聞かなくなった日本語の一つに「一日一善」というものがあります。

「一日一善とは、一日に一回良い行いをしましょう!」という意味があるのは皆さんご存じでしょう。それを、日々積み重ねていきましょう!という呼びかけでもあります。

「一日一善」といいいますが、これが、なかなか、難しいことです。忙しかったり自分にゆとりがないと、良い行いをするよりも、自分が癒されたいという欲求が多くなり、他のことまで気が回りません。

気づけば、忙しくてゆとりがない頭の中は、TVが見たい、ご飯が食べたい、早く休みたい、とか自分のやりたいことでいっぱいになっている?

果たして、自分の思い通りに休むだけがゆとりにつながるんでしょうか?逆に、忙しい人ほど、一日一善を心がけるだけで、自然とゆとりがでてくるんです。イライラ、ソワソワしてた心が、何か一つでも良いことをするだけで、気持ちがスゥーっと安らぎに変わるはずです。

例えば、『お年寄りに席をゆずる。』・『人に会ったら先に挨拶をする。』・『ありがとうと言う。』・『ゴミを拾う。』

など、ちょっとしたことでいいんです。出来ることを一日一回やってみてください。そうすると、何かのことで、一杯になった頭の中や、生活において心に“ゆとり”が出来ます。

それは、偽善じゃなくて真実から生まれるものです。一人が意識することで、それが周りに伝わり、周りからさらに、もっともっと広がっていって世界中が幸せに包まれていくようになると信じて行ってみてください。

そう考えるだけできっと“Happy”な気持ちをもたらしてくれると思います。その行いは、いつか必ず自分に跳ね返ってくると思います。是非、一日一善の精神を心の片隅に置いて生活してみてください。

|

« これからの地域社会と課題 | トップページ | 物事の本質を知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/67763092

この記事へのトラックバック一覧です: 一日一善してみませんか:

« これからの地域社会と課題 | トップページ | 物事の本質を知る »