« 小さなお世話、大きな親切 | トップページ | 私たちの未来に向けて、今できること »

2016年10月 5日 (水)

あなたの公衆マナーは?

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

1057935511

昨日、気温32度と、10月としては記録的な暑さでした。

国道の歩道のゴミ拾いをしていたら…とつぜん、乗用車の運転席より、アイスコーヒーの飲みかけの容器をポィ捨てて、走り去ったのです。(声もかける、間もなく…です。) 何か私に、「このゴミをお願いします」とでも思っての行為です。悲しくなりました。犯罪行為?止めて欲しいものです。

以前にも火の付いた、歩きタバコの吸い殻を、捨てて立ち去った中年のサラリーマンの経験がありました。どうしてこのような、悪質な行為をするのでしょうか?

子どもの躾けの大切さ

子どものマナー教育は、大人(親)の公衆道徳の再教育をしなければいけない…よく公園や広場で遊ぶ子どもで思うのですが、地域の大人が子どもを注意するのは大事だが、その親を注意しなければ、子どもの規範意識は良くならないことだと思います。

あなたが気になる公衆マナーは?

街などにタバコ、空き缶やゴミをポイ捨てする… 犬の汚物を拾わない飼い主… 交通ルールの無視…路上駐車 電車・バス車中における携帯電話の使用… 子供の行動やしつけ…場所をわきまえない喫煙 道路へガム、タンやツバを吐く… 公園、行楽地で出したゴミを持ち帰らない…他人のことを考えない自転車の駐車。

ある研究所の調査・・・気になる公衆マナー

1位 街などにタバコ、空き缶やゴミをポイ捨てする…77,2% だそうです。

教育学者の森信三先生は、子ども躾けの最も大事な三つを提唱しています。

① あいさつができる。

② 「ハイ」とはっきり返事ができる。

③ はき物を脱いだら必ずそろえ、席を立ったら必ず椅子を入れるという事です。

これらを躾れば、他のことも難なくできるようになると論じています。これらのよき習慣をできるだけ小さい子どものうちから身につけさせたいものです。しかし、習慣は一朝一夕で身に付きません。親自身の模範がなければ、なかなか身に付かないとも言われています。

「おはようございます」のあいさつも、親が笑顔で受け止め「おはよう」と返してくれるからこそ、子どもは自分から進んでできるようになります。

「ハイ」という気持ちの良い返事する。

「はき物や椅子」も、親の心がけがそのまま子どもの行いに表れます。

親の言動から、親の頑張りを見て、自ずと頑張っていける“力”を身に付けています。

« 小さなお世話、大きな親切 | トップページ | 私たちの未来に向けて、今できること »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/67801337

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの公衆マナーは?:

« 小さなお世話、大きな親切 | トップページ | 私たちの未来に向けて、今できること »