« 何か忘れ物があるようで・・・ | トップページ | ゴミのない美しい町にしたい »

2016年10月19日 (水)

「歩歩是道場」(ほほこれどうじょう)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
Oda11

私は、今この世に生きている(生かされている)ことで、ちょっと辛いことがあったりすると、「これも修行の一つだ」と思うようにしています。これを乗り切れば、また、新しい道が拓けると…考えるようにしています。

禅の言葉に「歩歩是道場」があります。

「歩歩とはいま、ここのこと」つまり日常の一挙手一投足、そのすべてが自己を鍛える道場だ、という意味だそうです。私たちの日常の一つひとつの所作には、どれも大事な意味があるという考えです。

例えば

「靴をそろえて脱ぐのは、自分の足下を見つめて、自己を反省する」という意味があり、「食事の際に「いただきます」、「ごちそうさま」を言うのも、「食」にかかる手間や「食」が持つ役割などに対して感謝の意を示すという…意味があります。

日常生活を適当に行えば、全てがおろそかになります。逆に、きちんと行えば、何ごともきちんとできます。「歩歩是道場」とは、我々の気持ちの持ち方一つで、全てが「学びの場」になるということを意味しているのです。

「修行」…は山中の閑静な処にあっても心に妄想や邪心があっては修行とは形だけで其処は“道場”とはいえないし、素直な心で一日一日を一生に準えて修行をするならば、そこが病院のベットの上であれ、事務所や街中のような喧騒の場であれ“道場”、即ち修行の場です。

言い換えれば、ビジネスの世界に身を置いていようと、心掛け次第で一日一日が成長の過程となり修行の場となります。

「一途一心」…ひたらすら、ひたむきということです。一つ事に命を懸けること、ともいえます。

|

« 何か忘れ物があるようで・・・ | トップページ | ゴミのない美しい町にしたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/68014820

この記事へのトラックバック一覧です: 「歩歩是道場」(ほほこれどうじょう):

« 何か忘れ物があるようで・・・ | トップページ | ゴミのない美しい町にしたい »