« 理性と感情のバランス | トップページ | 秋の夕日に »

2016年10月24日 (月)

完璧な人間などいない

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Dscn04001

「完璧な人間」などはいません。

何もかもがうまくいき、何もかもが誰よりも優れている人なんぞいない。

それは、「人によって大切にしていることが違う」…つまり、価値観が違うからです。多くの人のなかで、自分はあらゆる点において優れているなどということは、まずあり得ません。測れません。

年を重ねると、なんとなく自分のことが自分自身で理解できるようになるものです。それは「自分はこういう人間なんだ」と、周囲の反応などで自覚していくということです。

「アイデンテティー確立」…(個人が、環境の変化ても、変らぬ考え方)

その中に「軸」があれば、それでいいのではないでしょうか。何か大切にしていることがあって、自分が決して誰にも譲れないことがあって、それさえ守れていれば、人がどういおうと自分自身が納得することができれば、それでいいのではないでしょうか…

誰かと自分を比べてしまうことはよくあります。

その比べた相手もこちらに対して同じことを考えているのかもしれないのです。お互いに大切にしていることが違って、それぞれがそれぞれに対して羨望しているかもしれないのです。

「完璧」とは、「自分にとって完璧」ということであって、誰もが見て完璧な人間などは存在しません。そして誰もが「もっとこうしよう」であるとか、「こうなりたい」と考えているのです。

それが日々のモチベーションになっているのであれば、それはそれでいいのではないでしょうか…

「自分はダメだ」と、自己否定することは簡単です。そして、「これ以上伸びない」と考えることはよくありません。人間とは、死ぬまで成長するものだからです。

|

« 理性と感情のバランス | トップページ | 秋の夕日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/68068176

この記事へのトラックバック一覧です: 完璧な人間などいない:

« 理性と感情のバランス | トップページ | 秋の夕日に »