« 片倉の歴史と環境保護が大切 | トップページ | 挨拶は人が生きていく基本 »

2016年1月30日 (土)

日常生活が修行

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

201402081417161

我執(がしゅう)とは…自分中心の考えにとらわれて、それから離れられないこと。

人は我執の凝り固まりですから、苦行により我執から逃れようとしても、我執からはなれられない。なぜならば、苦行に執着すればするほど、限りなく欲望の炎は消えることがないからです。

金銭欲や名誉欲から離れられたとしても、食欲、色欲、睡眠欲は人間の生理的欲求ですから逃れられません。

悩み苦しみなく生きられれば、それはとても楽で快適です。ところが人間とは弱いものです、我執という甘い欲望についつい心動かされてしまい、煩悩の迷路にはまり込み、苦しみや悩みの泥沼に落ち込んでしまうのです。

我執から少しでも離れたい

生きている限り、尽きない欲望の我執を離れることができません。自らを大きくしないようにと心がける…今、を如何に生きるべきかを考えて生きなければと思います。それが、日常生活がそのままで修行です。

食べること、寝ること、庭掃除、町や公園などのゴミ拾いも修行です。この日常生活すべてがの時間が、かけがえのない時間であり、その時間を使って生きているこことは、一瞬一瞬がたいせつなのです。

雑用と思って、いい加減に行えば、本当に雑用になってしまいます。何時もかけがいのない時間だと思って真剣に、真面目に行えば、自分を磨き上げる大切な修行になるのです。

日常生活の平凡な行いを雑用と捉えず、自分磨きの大切な修行と捉えたいものです。

« 片倉の歴史と環境保護が大切 | トップページ | 挨拶は人が生きていく基本 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常生活が修行:

« 片倉の歴史と環境保護が大切 | トップページ | 挨拶は人が生きていく基本 »