« 希望が持てる社会を願う | トップページ | 絆を考える »

2016年1月 3日 (日)

「バランス・調和」を考える

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Img_97161

世の中の仕組みは、すべてが「バランス」・「調和」によって構成され、成り立っています。人対人の調和・自然と人間の調和・物と物の調和など…で、今があるのです。

「弦の楽器はきつく張りすぎると切れてしまう、緩いといい音が出ない、ちょうどよいほどに張ってかき鳴らすとよく響きます。」

また、むかし、お正月に子供の遊びに凧揚げがありました。ゆるめすぎると高く飛ぶどころか、凧は落ちてしまいます。風の強さを読み、糸を張ったり、ゆるめたりしていくと、凧は天までとどく勢いで、高く高くのぼっていく…

人生においても、頑張り続けるだけでは、糸が切れてしまいます。リラックスしすぎるのも、だらけてしまい、あの糸を持つ感覚こそが大切だと思います。

車の運転と同じように、ハンドルをまっすぐ握れば、車はまっすぐ進むわけではありません。左右に動かしながら、遊びの部分があって、はじめてまっすぐ進むように…

「バランス感覚」や「自然との調和」が大切です。2016年を迎えて…今年は、この「バランス感覚」や「自然との調和」を、大切にしていきたいです。

人の心もバランスが崩れると病気になります。バランス(調和)がとれず争いになり、不安定になり戦争が起こります。

日々の生き方の基本は、欲ばらず貪らず、常に背筋伸ばして姿勢正しく、肩肘張らず、呼吸を整え、過去にこだわらず、この一年365日、日々心して生きたいものです。

« 希望が持てる社会を願う | トップページ | 絆を考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「バランス・調和」を考える:

« 希望が持てる社会を願う | トップページ | 絆を考える »