« 人生は山登り | トップページ | 子供は素直… »

2015年10月18日 (日)

自分自身を見つめる

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

08kakunodate_koyo11

なにか、大事ことを忘れている?

最近、年をとったせいか、自分自身でも忘れることが多くなったと感じます。それは、人の名前であったり、用件であったり、モノを置き忘れ・持ってくるべきモノを忘れであったり、簡単な漢字であったり…です。

自分自身の心と体のことを忘れているのでは…

日々の忙しさにかこつけて、自分のことを忘れている、忘れるとは心を亡くすと漢字で書きますが、忙しいの字も心を亡くすと書きます。

いやいや、自分のことは自分で、やっているいるつもり、結構自分の人生楽しんでいると、思っていても、体調悪くした時などは、自然に自分自身を振り返るものです。

心と体は密接なつながりがあります。「そんなのあたりまえ」と思うかもしれませんが、私たちは案外そのことを忘れています。そして、体を酷使したり、心を磨耗させたりするのです。その結果、体が悲鳴を上げ、心が壊れたりします。そして、あらためて心と体の密接なつながりに気づかされるのです。

自分を見つめる時間このようなちょっとした変化に早い段階で気付くために、ふと立ち止まり、自分自身を見つめることが大切です。ほんの少しの時間でもよいので、眠る前や、入浴中のリラックスしている時など意識してそういった時間を作ってみることが大事だと思います。

今の自分自身について、以前と違うところはないか、同じようなシチュエーションで反応が変ったところはないか、こころと体の小さな変化を見つけられたら、積極的に休息を取るなど、リラクセーションを取り入れたいものです。

日常の忙しさから自分自身を見つめる時間というのは失いがちです。意識的に時間を取り、大きな故障に繋がる前に定期的なメンテナンスを行うことです。

そして取り返しのつかないところにまで来てしまった時、人はしみじみと思うものです、自分では分かっていながら、心と体のことを普段すっかり忘れて暮らしていたと… 肩ひじを張ってばかりいないで、背筋を伸ばし、ちょっと深呼吸してみることも大事です。

人間関係のとらわれや人間社会ばかりに目をむけていないで、天地自然の恵みによって生かされていることを知る…ありのままの姿が見る…

自然の中に生かされている…無意識に、空気(酸素)を吸って、二酸化炭素を吐きだす…呼吸しています。植物は、私たち人間と同じように呼吸をしています…酸素を吸って二酸化炭素を出しています。

また、植物は呼吸以外にも、光合成しています。そのとき二酸化を吸収し酸素を出しています。植物の光合成は私たち人間が出している二酸化炭素を吸収現として、大きな役割を果たしてくれているのです。(植物の存在しなければ、地球には二酸化炭素が充満して生きていけません。)

ストレスなどの原因で呼吸が速く浅くなって、空気を吸い込みすぎ、血液中の」酸素量が多くなり、二酸化炭素が少なくなると、呼吸困難、頭痛やめまい、手の指先や口のまわりのしびれ、失神などの症状が起こります。

昼は太陽の光がいっぱいに、夜には満天の星が輝いてます。「今」「命、生きている」この実感をいつも忘れないことです。大自然の中で生かされていること…小さなことに囚われないで、空を見て、海を見て、山を見て、気分を一新することが、大事なことだと思います。

« 人生は山登り | トップページ | 子供は素直… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/62095395

この記事へのトラックバック一覧です: 自分自身を見つめる:

« 人生は山登り | トップページ | 子供は素直… »