« むかしの郷土にはこんな人も… | トップページ | ポイ捨ては犯罪です »

2015年10月22日 (木)

無為自然な生き方

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

8913e8261

最近、年を重ねて思うことが、自分の人生「これでよかったのか?」この先をどういう考えで生きて行けばいいのか迷っています。

毎日、誰かに気を使って、時に疲れを感じたり、「自分は本当はこんなはずじゃないのに」と思ったり、誰かの人生ではなく、自分の、自分だけの人生を100%と送りたいと…

日々の生活に、これといった不平や不満はなくて、も心が満たされないと感じ…ありのままの自分を受け入れること出来ないのです。

現実が怖くて、現実から逃げだそうとしたことに、根本的な理由があるのではないのかなど…自問自答しています?考えてみますと、現実から逃げているかぎり、自分を受け入れることはできないのではないか…そんな弱い自分を認めることができなくなってしまったからです。

こんなところに、プライドという変なものが顔を出してくるのです。つらくて苦しい現実から逃げれば、楽になれると思って現実から逃げれば逃げるほど、生きることはつらくなってしまうのです。

「無為自然」・・・意味は、人の手を加えないで、何もせずあるがままにまかせることです。

「自分らしく生きる」…つまり何かに執着した生き方…人より上になりたいという思い。自分だけ金を儲けようとか、利益だけを追求するような生き方。地位があがることだけにあくせくするような生き方。有名になることだけを考える生き方は、無為自然じゃないのです。

自分本来の生き方を大切に、素朴であることを大事にして作為や、計算や見栄などを放して無為自然になり、本来のありのままにいれば、すばらしい生き方ができると思うのです。

現実を見つめようとしないかぎりは、つらい生活が続くことになる…現実を見つめても、一時的にはつらさを味わわなければならない…いずれにしても、苦しみを経験しなければ、苦しみから抜け出すことはできない…このことだけは、忘れてはならないことと思っています。

現実の自分がどんなに嫌いでも、いつかはそれを受け入れなければ、苦しみから抜け出せないのです。嫌いな自分を直視しなければ、自分は変われないのです。自分自身に嘘をついているかぎり、本当の自分を知ることはできないのです。なぜなら、現実を自分の都合のいいように見てしまうからです。

自分を受け入れる鉄則は、「どんな自分であっても、ありのままの自分を知って、それを認めること」以外にないということです。

« むかしの郷土にはこんな人も… | トップページ | ポイ捨ては犯罪です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/62160064

この記事へのトラックバック一覧です: 無為自然な生き方:

« むかしの郷土にはこんな人も… | トップページ | ポイ捨ては犯罪です »