« 自然と共生 | トップページ | 心の時代 »

2015年10月 6日 (火)

視点を変えてみる

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

10kanmonkyo11

人間は自己中心的でわがままな生き物です。自分がしてあげたことばかりにしか目が行かず、自分が迷惑をかけたこと、自分が助けてもらったことを忘れてしまいがちです。

視点を変えて観る

① お世話になったこと…

② 自分がして返したこと…

③ 迷惑をかけたこと…

これらの視点(ポジション)を変えてみる…ことによって自分の人生を振り返る…心に余裕を持ち、反省することが出来るのです。

内観法…「自分を知る」ための方法として開発された自己観察法です。内観を続けていると、自分の身勝手さやわがままを見捨てないで助けてくれている人の存在に気がついていくようになると言われています。

さらに、自分の「臨終の時」を意識することによって、他者との関係を本来の地点に立ち戻って見つめなおそうというのです。「私はどのように生きていくべきなのか、どのようにすべきなのか」ということを見つめることです。

いつか自分の肉体から離れるとき、良いことして、社会に貢献できて、周りの人を喜ばせることに一生懸命生きたなら、幸せに生きられるでしょう。

悪いことして、社会を無視して、誰かをいじめてばかりいたなら、その瞬間、心残りがあるでしょう。そのいつかは、10年後かもしれないし、明日かもしれません。今日という日をどう生きるかは、自分で決める事ができます。

少しでも人の役に立てるよう、笑顔とか、挨拶とか、思いやりとか、声かけとか、出来ることを、重ねていこうと思います。

« 自然と共生 | トップページ | 心の時代 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/61920049

この記事へのトラックバック一覧です: 視点を変えてみる:

« 自然と共生 | トップページ | 心の時代 »