« 仕事で得意になること | トップページ | 「面倒くさい」では済まされない »

2014年2月28日 (金)

元を絶たなきゃダメ

15401 中国の経済は止まるところ知らない・・・爆発的な急成長し、いまや日本を抜きアメリカに次ぐ経済大国になりました。

このところ、中国の人民元が国際貿易や投資分野で重要性を増しつつあり、最終的に米ドルに対抗する存在となる可能性まで言われるようになってきました。

そんな状況の昨今の中国ですが、経済と環境の大きな問題になってきました。地球温暖化に関連する問題は中国の国内にとどまらず、韓国・日本まPM2.5や黄沙の飛来で、健康には大きなダメージを与えるまでになっています。特にこの春先が多いのです。

中国のゴビ砂漠は益々拡大しているという。そこで巻き上がり、偏西風に乗って日本にたどり着くのです。それは、砂の中でも直径がミュウという単位になるほど細かいもので、砂の埃のようなものです。そのため、長い間、もしくは大量に吸い込むことで気管支にダメージを与えたり、喘息の原因になってしまう場合もあります。

PM2.5は、主に、燃焼で生じた煤、風で舞い上がる、また、工場や建設現場で生じる粉塵のほか、燃焼による排出ガスや石油からの揮発成分が大気中で変質してできる粒子などからなります。粒子状物質は主に人の呼吸器系に沈着して健康に影響を及ぼします。

中国でも、そうだと思いますが、気象庁などで、予想を立てて注意を喚起しています。日本では各都道府県ごとにその日毎に、データーを発表しています。肺がんや、喘息など呼吸器系の疾患の確立は高くなると思います。

確かに経済は豊かになり、人々の暮らしの質は上がり、物は豊富に消費経済となり、日本の成長期と同じように、使い捨て時代をお謳歌していては、人口で日本10倍以上の人ですから、排出量も10倍以上でしょう。中国の車社会は、爆発的な売れ行きだそうです。排ガス量が心配です。

砂漠化が拡大していることも心配です。植樹をしたり、砂漠の広がりを食い止める、車や、工場などででる排出ガスを抑える、手立てを考えないといけないと思います。日本で被害を被り、騒いでいるだけでなく、日本の環境技術を中国で発揮させることは、出来ないのでしょうか・・・元を断たなきゃダメなのです。

そして、「本当の幸せとは」を考えるべきだと思います。

« 仕事で得意になること | トップページ | 「面倒くさい」では済まされない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/55168169

この記事へのトラックバック一覧です: 元を絶たなきゃダメ:

« 仕事で得意になること | トップページ | 「面倒くさい」では済まされない »