« 沈丁花の香り | トップページ | 貧しい人のためにーフランシスコ1世 »

2013年3月17日 (日)

考えさせられる近未来

Katidoki241 『 首都圏スペシャル プロジェクト2030
わが街を守れますか ‐超少子高齢社会を生き抜く‐ 』

今から18年後の西暦2030年、15歳未満の子どもは約10人に1人に減る一方、高齢者は3人に1人になります。空き家の増加、コミュニティの衰退、福祉サービスのひっ迫…。
.
ひとりきりで暮らす世帯は4割近くに達します。空家の増加、コミニティの衰退、福祉サービスひっ迫・・・。未来への警鐘が鳴らされるなか、すでに今、危機の兆しは現れ始めています。どうすれば“わが街”を守ることができるのか。
.
そのとき、社会を担う若者たちの多くは将来に不安を抱えています。社会や家族とのつながりを失い、孤立に追い込まれる人も少なくありません。
.
なぜ若者は“つながれない”のか。どうすれば“つながる”ことができるのか。希望ある2030年を迎えるために、いま何をすべきなのか・・・
.
わが町にも、その危機的兆候が感じとれます。こんな見出しでNHK首都圏プロジェクトのチームの問題提起に私たちの“まちづくり”は、考えを見直すことが必要だと感じます。
.
町会のあり方、活動、お年寄り、子ども達が安心・安全に暮らしていくには・・「私たちの町は私たちで守る」をみんなで考えることは急務であると思います。

« 沈丁花の香り | トップページ | 貧しい人のためにーフランシスコ1世 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/50794989

この記事へのトラックバック一覧です: 考えさせられる近未来:

« 沈丁花の香り | トップページ | 貧しい人のためにーフランシスコ1世 »