« 「歪んだ人間社会」を考える | トップページ | 何んだ、この暑さは・・・ »

2013年3月19日 (火)

春の土埃

Yuu0031009_m1 太陽も 埃りの中に 春あらし 

昨日は、今年二度目?の春埃となった。土ホコリで何時も見ていた片倉城址公園の森が見えない。春の陽気の変わり目には南風が吹くのは、むかしから経験していますが、日課にしている散歩は、中止しました。

煙霧は、東京地方では10日に観測されたが、昨日のは違う?煙霧と言う言葉は、今まで聞いたことがないので、調べてみた・・・

煙霧とは、目に見えないほど小さい乾いた固体の微粒子(エアロゾル粒子)が空気中に浮いていて、視程が妨げられている現象のこと。

予報どおり、夜になって、強風と雨に、雨戸を叩き続けていました。

« 「歪んだ人間社会」を考える | トップページ | 何んだ、この暑さは・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/50833738

この記事へのトラックバック一覧です: 春の土埃:

« 「歪んだ人間社会」を考える | トップページ | 何んだ、この暑さは・・・ »