« なくらないポイ捨て行為 | トップページ | クイズ質問? »

2013年3月30日 (土)

誰でも行く道です

昨日、公園に、ボランティアで花壇に花を植えをしていた方がいました。私もお手伝いしたのですが、その方は、独り暮らしで、パーキンソン病の持病を抱えていたのです。暖かかった午後のことです。

花植えが終って、片づけをしようと思ったとき、足を滑らし、転んでしまい起き上がるのが大変のようでした。やっとの思いで、立ち上がった時、様子を見ていた人が、「みんなに迷惑をかけては駄目だ!気をつけろ!」と怒鳴ったのです。本人は息を切らして「済みません気をつけます」と大きな声で答えていました。

私はよく知っている方で、私も入っている「老人会」の会員です。ボランティアで自分の家にあった「れんぎょう」の枝を公園の片隅に植えて、町の人に楽しんで貰おうとの思いだったのです。

独り暮らしで歩くには病気があって大変ですが、外に出て、人とふれ合うことで、気持ちも前向きになれます。声をかけた方は知り合いではなかったのですが、声のかけかたにも問題があると思いました。もう少し声のかけ方に工夫(優しさ)欲しかったと思いました。

わが国は世界に類をみない速度で高齢化が進んでおり、経済の発展とともに社会も大きな変貌をとげ、個人主義的な傾向、核家族化による一人暮らし高齢者の増加、隣人との意思疎通が図られない。

人間関係の希薄化、趣味や嗜好の多様化などにより、地域社会での連携を構成する要因が阻害される傾向が強まるなど、新たな課題が生まれています。

こうした中、老人クラブ活動はクラブ会員自らの健康を維持し、生きがいを高め、奉仕などの社会活動を通じて地域を豊かにする活動として積極的に展開されることが大事なことだと思うのです。

「優しさ、思いやり、助けあい」が大変大切な時代です。上段のように怒鳴ったら、「社会から抹殺してしまえ!」と聞こえてくるのです。誰でも年をとり不自由な身体になるのです、そして誰でも行く道です。・・・貴方ならどう考えますか・・・

« なくらないポイ捨て行為 | トップページ | クイズ質問? »

コメント

初めまして。
いつもブログ拝見しております。

生きにくい世の中ですね…
私は数年前に数年間、足の不自由な時期がございました。

現在は完治いたしておりますが。
その頃、人様の親切、不親切を沢山みさせていただきました。

言葉とともに、心の中の大切なものも消えていくのでしょうか…

せめて、私だけでも人としての心を、大切にして生きたいと再確認させていただきました。

ありがとうございます。。☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/51017248

この記事へのトラックバック一覧です: 誰でも行く道です:

« なくらないポイ捨て行為 | トップページ | クイズ質問? »