« マスクでお出かけ | トップページ | 平凡を目指して »

2013年3月10日 (日)

小さな親切は大きな幸せ

07rose_ame21 昨日、由井西部地区CC大作戦」が行われました。CC作戦とは【CIean Community】(ゴミ拾いをしながら、身近な環境に目を向け、子供たちと一緒に通学路を歩く)というものです。

私も、何時も、町の公園・道路・河川などのゴミ拾いをしていますが、地域の小学生・中学生が一緒に行動する『ゴミ拾い』をすることによって、「社会規範意識を高める」といことで、素晴らしいことだと思います。

何時も、ゴミ拾いをしている私を見て、「いつもゴミを拾ってくれて有難う」と帽子を脱いで言われ、ちょっと感激してしてしまいました。「いいえ、みんなが気持ちよく住める地域になればと、ちょとした行為ですよ」と話しました。

いま環境破壊や、公徳心欠如などが気になるのです。「無縁社会」・「自己中」の造語で分かるように人々の心が荒んでいるようで仕方がないのです。何故そうなってしまったのか考えて見ますと、一つには、お金さえあれば何でも出来る→『世の中お金次第→「幸せ」』になれると思い込んでいるのです。

最後の幸せが「心」であることが分からない人が多いということかも知れないと思うのです。

環境破壊を戻すには、3.11大震災での放射能問題でも分かるように、破壊された環境を元に戻すには膨大な費用と時間がかかるのです。また、人の心の傷の深さは計り知れません。

地域の環境改善を図るには、地域の人が、みんなで汗を流すことです。そして、大事なことは、一人ひとり、環境意識を風化させない鋭い目でみることです。だから、ゴミが落ちていたら拾う。子供が悪い遊びをしていた注意するという、行為を勇気を持って行動することです。

「地域は地域に住んでいる一人ひとりが守る」という意識を持ち、私がモットーとしていることですが「小さな親切は大きな幸せ」に繋がるです。

« マスクでお出かけ | トップページ | 平凡を目指して »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/50684355

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな親切は大きな幸せ:

« マスクでお出かけ | トップページ | 平凡を目指して »