« どんど焼き | トップページ | 幸せって何だろう »

2013年1月15日 (火)

感動した、ダイオウイカ撮影

282_field111 この地球上に、まだ謎の生物がいるのだ。何十年前に、イギリリスのネス湖に多くの目撃例が報告され、写真や映像が公表された。ミステリーとして語られてきたが・・・ネッシーは未確認である。

「NHKスペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ」生きている巨大イカの映像である今回の放送は、放映前からニュースなどでも盛んに取り上げられており、13日放映されたわくわくするような期待感があった。

世界で初めて撮影に成功した、深海で暮らす生きたダイオウイカの映像だ。多くの視聴者は、黄金色の巨体がうごめく姿に釘付けとなったことだろう。

NHKと国立科学博物館などの11カ国、50人のスタッフからなる国際チームは、透明なドーム形で340度の視界を持つ最新鋭の潜水艇2隻に、NHKが開発した深海用超高感度カメラを搭載し、トワイライトゾーン(薄光層)と呼ばれる水深1000メートルの深海に潜航・・・

チームはダイオウイカをおびき出すため、おとり作戦、発光生物の光でおびき出す作戦、異性を引きつけるフェロモンによる作戦。

さらにはダイオウイカ最大のライバルであるマッコウクジラにハイテク小型カメラを装着し撮影する作戦など、ありとあらゆる作戦を駆使し、昨年夏に小笠原諸島の海域で約3メートルのダイオウイカの撮影に成功した。

撮影のための調査、準備期間は10年間、潜航回数は100回、潜航時間は400時間に及んだという。素晴らしく、感動した。

http://rd.yahoo.co.jp/videotopics/videolist/hobby_cooking_life/pbc9226029b21ede78a22dc0244637583/link1/SIG=125pubmr0/*http%3A//gyao.yahoo.co.jp/player/00397/v10041/v0991200000000545240/

« どんど焼き | トップページ | 幸せって何だろう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動した、ダイオウイカ撮影:

« どんど焼き | トップページ | 幸せって何だろう »