« こうろぎが鳴く侘しさ・・・ | トップページ | 金の切れ目が縁の切れ目 »

2010年9月13日 (月)

コレステロール「高いほうがいい」

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

1231 医学界を二分する衝撃新説が登場 「コレステロール」は高いほうがいいというものだ。9月12日のJ-CASTニュースにあった。

私も何十年来抑制剤飲んでいる。当初コレステロール値230ぐらいであったが、医者から「ローコール」という薬をいただき飲み続けているが、現在では数値は200前後だ。

「コレステロール」と聞くと、「悪い」というイメージを持っている人がほとんどだろう。ところが、日本脂質栄養学会が「コレステロール値は高いほうが、死亡率が低い」という研究成果をまとめ、これまでの「定説」を覆した。

コレステロール値については、血中のLDL(悪玉)コレステロールが増加すると動脈硬化になり、心筋梗塞なども起きやすくなるとされていた。

日本脂質栄養学会は2010年9月3、4日に開いた学会で発表した「長寿のためのコレステロール ガイドライン(2010年版)」で、「コレステロール摂取量を増やしても血清コレステロール(TC)値は上がらない」と指摘している。

「『高リノール酸植物油の摂取を増やし、動物性脂肪とコレステロールの摂取を減らす』という従来の栄養指導は、むしろ心疾患、ガンなどを増やす危険性が極めて高く、これを勧めない」「血清コレステロールの善玉(HDL-C)・悪玉(LDL-C)説はその根拠が崩れた」など、14章からなるガイドラインは、コレステロール値を低く抑えることが健康への「近道」と思っていた人にとっては衝撃的ともいえる内容だ。

日本脂質栄養学会は「欧米の過去5年間のデータをみても、少なくともLDLコレステロール値の140ミリグラムや、総コレステロール値の220ミリグラムの基準は低すぎることがわかりました。最近はコレステロール値だけで判断して薬を投与するケースが少なくありません。(従来の基準を見直すことで)わたしたちは、数値を下げるためだけに処方される薬の量も減らせると考えています」と話す。

ちなみに、米国ではLDLコレステロール値が190ミリグラム未満であれば、正常値だという。(J=CASTニュースより抜粋)

あんまり気にしても仕方がないのか、自然のままで生きていくほうがいいのか!?・・・

« こうろぎが鳴く侘しさ・・・ | トップページ | 金の切れ目が縁の切れ目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/36704874

この記事へのトラックバック一覧です: コレステロール「高いほうがいい」:

« こうろぎが鳴く侘しさ・・・ | トップページ | 金の切れ目が縁の切れ目 »