« 猛暑と雑草と秋風と・・・ | トップページ | 何でも知っている馬鹿もいる »

2010年9月 9日 (木)

人間の戦争とは

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo2010_91
人間の戦争とは・・・紛争は絶えない・・・

中東・・・イラクは、アメリカ兵撤退がはじまったが、まだテロが続発していて多くの犠牲者が出ている。イスラエル・パレスチナ間の和平交渉は、何度も行ったが、解決は見出せない。

そして、アフガニスタンでも、戦争状態が続いている。イスラム教と、その他の宗教のイデオロギーの違いでの問題でお互いに理解し得ないところにあると思うのだが・・・

どんな生き物でも争いはある、優秀な子孫を残そうとするからである。けれども人間の戦争は、動物の争いと全く内容を異にしている。自然の摂理を超えて、同種すなはち人間同士で殺し合いをする。

また、自然界にはそれぞれの生態系があり、生き物はすべてそれぞれの生態系のままに生きているのに、人間だけがそれを変えてしまう。破壊力の大きな武器を使った近代の戦争は生態系までも大きく変えてしまう。

人間も他の生き物と同じ生物だが、人間は、自己を限りあるもの、みじめなもの、ちっちゃな存在であることなどを自覚する能力を持っており、それがために命の尊さに気づいている。すなはち、人間は死を知っている、だから、心の安らぎを求めるのも、自殺するのも、戦争するのも、人間だからでしょうか。

「生き物である人間とは何か」「人間の戦争とは何か」、根源的な問題を問い直して見る必要がある。そして力ではない、心でしか解決できないことを知るべきだ。

« 猛暑と雑草と秋風と・・・ | トップページ | 何でも知っている馬鹿もいる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/36628396

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の戦争とは:

« 猛暑と雑草と秋風と・・・ | トップページ | 何でも知っている馬鹿もいる »