« 日々是好日 | トップページ | 中国人船長の釈放に思う »

2010年9月22日 (水)

証拠改ざんは酷い

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

09meigetu_tyusyu11 前代未聞の不祥事である。検察への信頼は根底から揺らいでいる。

厚生労働省の元局長が無罪判決を受けた郵便不正事件で、大阪地検特捜部で捜査を指揮した主任の前田恒彦検事が、押収品のフロッピーディスクのデータを検察に有利なように改ざんした疑惑が明らかになった。最高検は証拠隠滅容疑で前田検事を逮捕した。

物証などの偽造や改ざんは、ふつう容疑者の側が罪を逃れるためにする犯罪だ。捜査する側が客観的な証拠を捏造(ねつぞう)すれば、どんな犯罪もでっちあげることができる。戦前の思想犯事件を思い起こし、背筋が寒くなる。(朝日新聞社説)

受託収賄罪などに問われた鈴木宗男被告が最高裁の上告棄却後の会見で特捜検事を「青年将校化している」と批判した。まるで、戦時中の血気にはやる「青年将校」のように、暴走を許した背景は何か・・・。

事件着手に際して、上司や上級庁の了承が必要だが、捜査当時の検察幹部は「特捜検事の書類はよくできているし、説明がうまい。調書の取り方まではチェックできない」と釈明したという。

報道機関や世論にも特捜部を甘やかしてきた面があったと思う。特捜捜査のターゲットは「権力者」や「目立つ人」であることが多い。「巨悪」と闘う正義の象徴としてのイメージが先行し、批判にさらされる場面がない。

そして、今回の事案でも、これでもかと言うくらいの冷静を欠いた加熱報道は反省すべきだ。そして報道のあり方にも問題はあったと思う。

国民は、今回の事態を大阪地検だけのこととは考えないだろう。法務・検察当局は、検察全体への信頼が地に落ちたと認識すべきである。

徹底的に、真相究明し国民に説明しなければ、国民の不信感と怒りは収まらない。

« 日々是好日 | トップページ | 中国人船長の釈放に思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/36863986

この記事へのトラックバック一覧です: 証拠改ざんは酷い:

« 日々是好日 | トップページ | 中国人船長の釈放に思う »