« マナーを守って! | トップページ | 市民感覚 »

2010年9月18日 (土)

平凡は、非凡だ

Phot000000000003f5a5_500_01 稲の穂が頭を垂れている田んぼの畦道を歩くと、イナゴがピョンピョンと飛んで逃げる。そんな、秋風情の漂う季節となった。しばらくすると、足元に小さな可憐な花が、誰にも見られているわけでもないのに端正に凛と咲いている名もない花?に思わず心打たれて、「この花に出会えて本当に良かった!」・・・

今、この花の間近にいるだけで何故か不思議と心が安まる。そしてこの花を見ていると「自分も共にがんばろう!」という気持ちを起こさせる花だった。

常に己を律して「この大地をしっかりと生きて行こう!」と平凡であってもその努力を続けている隣人をよく観てみると、資質の優秀さの有る無しにかかわらず、その人が生まれながらにして固有のオーラのような輝き発する品格に心打たれることがある。

自分のこころがけに基づき長い時間をかけて常に変化して進化をつづけていくことの自然界の法則を思えば清浄への信念に価値感を見つけることが仏教の教えの根幹に通じることと思う。

「平凡は非凡」だ。「人から後ろ指さされたり、人の嫌がることをしてはいけない」幼少のころ母親に言われた言葉が懐かしく思い出された。

« マナーを守って! | トップページ | 市民感覚 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/36805887

この記事へのトラックバック一覧です: 平凡は、非凡だ:

« マナーを守って! | トップページ | 市民感覚 »