« コレステロール「高いほうがいい」 | トップページ | これ以上、私の時間を奪わないで・・・ »

2010年9月13日 (月)

金の切れ目が縁の切れ目

10247681 今年の夏休みは、円高を利用して海外へ出かけた人々が増えたようだ。ヨーロッパ旅行をしてきた女性は、円高で旅行費用が安くすんだので、ブランド品のバッグも買うことができた、と喜んでいるひとも、円高で輸出産業は厳しい状況だが、消費者、とくに女性たちは、円の強さをうまく利用している。

しかし、失業者も増えて、身元不明の自殺と見られる死者」や「行き倒れ死」は、NHKの調べによると年間3万2000人。地縁や血縁、さらには会社との絆「社縁」を失った日本人の姿が浮き彫りとなった。自殺対策の支援をしているNPO法人が行った実態調査によると、一人の人が自殺する背景には平均して4つの要因が重なり合っていると言われている。経済的な問題や健康、人間関係、仕事の問題などである。

「無縁化時代」が進んでいる。いわゆる地縁・血縁・社縁である。金で必要なものを全部買えるまかなえる。極端な話、通信販売とかインタ-ネットがあれば家から出なくても必要なもの買えるまでになっている。ということは隣近所とか回りと無縁化しても金さえあれば生きていけるともなる。

無縁化社会というのは現代を象徴しているものだろう。自分にとっても身近だからひしひしと感じるものがあり自分の未来とも通じていた。ただ不思議に思うのは、金さえあれば、老後施設に入っていられる。無縁化社会は逆に金さえあれば有縁を保てる社会でもあるのだ。

家族や親戚のつながりよりかえって金で雇ったヘルパ-とかの方が親身に世話してくれたとかの報告もある。金の切れ目が縁の切れ目というけど金が縁をつないでいるという面も現代にはあるのだ。金を貸しているけどその金を返してくれないから縁が切れていないというのも不思議である。一応今やまだ金の縁で切れていないのである。

« コレステロール「高いほうがいい」 | トップページ | これ以上、私の時間を奪わないで・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/36707804

この記事へのトラックバック一覧です: 金の切れ目が縁の切れ目:

« コレステロール「高いほうがいい」 | トップページ | これ以上、私の時間を奪わないで・・・ »