« 敬老の日に思う | トップページ | 日々是好日 »

2010年9月20日 (月)

彼岸で道路渋滞の中で・・・

09higanbana_haguroyama21 彼岸の入りで墓参りをしたが、墓地近くの道路は混んでいて大変だった。混迷する時代の事を、渋滞で車の運転中に考てみた。

思春期の精神の不安定な時期に起きる自暴自棄の行動、大人達の自分勝手な独りよがりの言動、失望と絶望、人々はさまざまな心の不安を抱きながら、日々明け暮れしている。 

現代人は老いも若きも「生き方の規範・人の道」という、心のよりどころを持たないから、ストレスで心身を病み、自信を喪失し、ささいなことにつまずいてしまう。

「ご先祖さまに顔向けできないようなことを、してはいけない」 「お天道様が見ている」「神さま、仏さま、ご先祖さま、お天道様」と拝むことがあってもいい。経済や政治・社会情勢に押し流されるようでは、潤いのある生活はできない。

昨今のように混迷する不況の長期化では、民衆は目先のことばかりに心が奪われている。そんなご時世であればこそ、なにか大きな恐れるもの、畏敬の念を抱くものがあれば、かえって安心するものである。

一日にどんな小さなことでもいい、人のために何かをすることを続けたら、この世は見違えるようになる住み易くなる。人を信じることが出来るようになり、子供から大人まで安心して、生きていていかれるかも知れない。

« 敬老の日に思う | トップページ | 日々是好日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/36835154

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸で道路渋滞の中で・・・:

« 敬老の日に思う | トップページ | 日々是好日 »