« 国勢調査員となって | トップページ | 生物多様性条約会議に思う »

2010年9月28日 (火)

近ごろ雑感

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

05detohama11 今年の夏の、異常な暑さを通り過ぎたかと思ったら、一転11月上旬の寒さとなった。ア!と、言う間の気象の変化で、体調管理が大変である。

前代未聞の大阪地検特捜部の主任検事、逮捕があった。尖閣諸島沖の問題は、逮捕者を釈放と中国怒りをエスカレートしてしまっている。

民主党政権の対応が稚拙だと、自民党は騒いでいるが、もともと、20年来の自民党政権以来の中国・日本間の問題を曖昧にしてきたことだ。国会で長引く不況の対策で、日本沈没?するかも知れない窮状で、お互い足を引っ張り合いしている場合ではない。国民の不安な気持ちを収めなければならない。

ねじれ国会で、重要な予算審議がスムースに挙党一致で難局を乗り切らねば・・・そんな思いをして眠れぬ夜を過ごしていると、雨音のなかに、ツヅレコウロギが、リ、リ、り、り、り、鳴く声が「カタサセ、スソサセ、ツヅレサセ」と鳴いて、日本のほころびをつくろう冬じたくを教えてくれるようだ。

秋の風情を感じさせる物音を秋の声と言う。コオロギの鳴き声は、まさに秋の深まりを告げる音。日本では、その鳴き声は、冬支度をすすめる合図として来た。

ヨーロッパでは、寒さを避けて家の中に入ってきたコオロギをその家に幸運をもたらす使者として親しんでいるそうだ。

中国の勝手な振る舞い、中国の尖閣諸島の所有をアピールしたり、他の国に争いを挑んだり、する行為は、オスコオロビがメスに求愛をしながら、懸命に声をあげている。のと似ているようである。

« 国勢調査員となって | トップページ | 生物多様性条約会議に思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/36964008

この記事へのトラックバック一覧です: 近ごろ雑感:

« 国勢調査員となって | トップページ | 生物多様性条約会議に思う »