« 生きている事実を知る | トップページ | 円高対策のこと »

2010年8月28日 (土)

民主党代表選のこと

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

06oga_toga11 小沢さんよ「恥を知れ」いまだに政治資金問題への対応を明らかにしていないじゃないか・・・。それをクリヤーにしなければ出馬するとは、あいた口がふさがらない。民主党代表イコール日本の首相である。首相といえば日本の顔である。また国民に信頼されることが条件にある。首相になることで政治とカネの問題を不問にさせたい?そんな馬鹿な・・・

人事で裏取り引き、闇取引での政治手法に比べれば、表舞台で正面から戦う方がまだしも、ましかも知れない。有権者とすれば、せめてそう考えてこの代表選を見つめるほかないのか・・・。

マニフェストを見直すのか否か、消費税論議に踏み出すのか否か。菅、小沢両氏は、民主党内にある二つの潮流をそれぞれ代表する。

「相談しない、説明しない、説得しない」とも言われる小沢流が、今の時代にふさわしいか。小沢氏には、その政治手法の総括も求められよう。

菅首相は参院選で、総選挙マニフェストの見直しと消費税論議を提起した。厳しい財政事情を直視すれば理にかなった主張である。参院選敗北後、代表選をにらんで言をあいまいにしてきたが、もはや封印する理由はない。

対する小沢氏は、あくまでマニフェストの実現を目指すというなら、その財源を具体的に示さなければいけない。消費税論議を当面棚上げするのなら、それに代わる日本の財政健全化の道筋を示す責任もある。

透明でクリーンな政治が国民に信頼される条件であるが、今回の仲介役の鳩山さん最初は菅さん指示だったのが?「小沢・脱小沢」で菅さんの脱小沢で、鳩山さんの「大儀」ありで小沢さんに指示するという。どうも分かりにくい。

 

« 生きている事実を知る | トップページ | 円高対策のこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選のこと:

« 生きている事実を知る | トップページ | 円高対策のこと »