« 散歩と都わすれ・・・出会い | トップページ | 雀の巣立ち »

2010年5月18日 (火)

ギリシアの財政危機とタイの政情不安

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Ota21 ギリシアの財政危機とタイの政情不安で世界経済が大きく揺れている。

長い欧州の歴史は、古代ギリシアから始まった。そのギリシアは、世界の経済に大きな影響と不安の発信地の一つとなって、欧州連合(EU)の救済の行方が注目される。

欧州連合(EU)で国内総生産(GDP)では、わずか2%である。かっての栄光のアテネパルテノン神殿などにとどめるのみとなってしまったようだ。そしてアテネオリンピックは、2004年に首都アテネで行われた。第28回夏季オリンピックとしては21世紀最初の大会であった・・・。

のんびり国民と、政府の杜撰な統計・財政で赤字財政が、明るみなって、国際信用が急落したものだ。人口1100万人の内1割の110万人という公務員数という、そして一般の会社員より高い給料だという。

その結果「年金崩壊」の恐れも懸念され、国民のデモは、一層激しくなっているという。ギリシア財政の建て直し如何で、世界経済いや日本経済そして、日本の一般市民(特に投資家)には目を離せない状況である。

そしてタイの政情不安である。騒動は長期化し、日本人の記者も含め、多くの死者まで出ている。タクシン元首相派のデモ(?)隊が動員されている。一体どう決着つくのか、騒動で大きな経済的な損失は、タイ国内にとどまらない。

ここに来て経済界、産業界がこぞってアピシット政権歓迎の姿勢を打ち出したことも安定化へ動き出したようだが、日本のタイに進出企業も多数あり、東南アジア経済・世界経済にも影響が出て、その成り行くが心配である。

« 散歩と都わすれ・・・出会い | トップページ | 雀の巣立ち »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシアの財政危機とタイの政情不安:

« 散歩と都わすれ・・・出会い | トップページ | 雀の巣立ち »