« 本格的春がやってきた | トップページ | 生命復活の大変さ »

2010年3月14日 (日)

山野草に心がひかれる

Ooinu_01 田舎育ちの私は、山野草に心がひかれる。特に暖かい春を心待ちにしているのは人間だけではない。野山に根を張る植物達も同じなんだ。故郷の野山に、他の草花より一足先に咲き出す、イヌフグリ(オオフグリというそうだ)の青い可憐な花が見られる。むかし、百姓の親父が言っていた「ちょこ花」はどこにでも生える草だ。そういえばお酒を飲む「ちょこ」に花の形が似ている。

イヌフグリの小さな花は正直、取り立てて 綺麗な訳ではないが、それでも心ひかれるのは春の花では珍しい 青という色からかもしれない。つましい小さな花であるが、来る華やかな 季節の先触れとして愛されている花だろう。

Shunran31_2 春蘭のことを「爺婆」と言っていた。50年も前のことであるが・・・。お袋と近くの山に行き、採ってきて庭に植えた春蘭も今年も、芽が出てきたようだ。花は地味で、我が家に鉢植えがある、シンビジューム・君子蘭などように派手さはない。しかし、じっと厳しい冬を耐えてきて、暖かさで目を覚ましたようで、見ていると元気が出るような気がする。

 

« 本格的春がやってきた | トップページ | 生命復活の大変さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山野草に心がひかれる:

« 本格的春がやってきた | トップページ | 生命復活の大変さ »