« 川浸り | トップページ | 不自由さが長生きの秘訣? »

2009年12月 1日 (火)

落ち着いて判断・行動を!

1231今日から12月落ち着いて判断・行動をしたいものだ。

リーマンショックから、世界経済不況がなかなか抜け出せないまま、次はドバイバブル崩壊?などで世界経済は二番底?に落ち込んでしまう恐れがあるようだ。

鳩山政権の運営は厳しい。日本国内ではデフレ状況の傾向をなんとしても止める政策を期待したい。不況が続くと、環境意識・防犯意識・モラルが下がることで心配だ。そして犯罪が多発することで日常の生活が不安になってくる。

特に師走に入って失業・大学生の就職決まらないなどで、路上生活者が増えて、昨年問題になった派遣村が出来る?そして知能犯で政治家・公務員など不正で警察が忙しくなる。

これぐらいは誰でもしているからとか、見つからなければいいだろうと、ちょっとスリルを感じて万引きをしてしまう。コンビニや書店での盗みや、薬物乱用など、出来心で犯行に及んでしまう。

その時は、冷静さを失って、自分を見失い、善し悪しの見分けがつかないままに、悪行に走ってしまったなどと、自分の悪事を弁解する人がいるが、悪いことをしていて、それが間違っていると気がつかない、一年の締めくくりである師走は、人々の心は落ち着かず善悪の判断の基準が狂ってしまうのだ。

生活が苦しいから、お金がないからと、ついやってしまう。世の中が悪いから、このくらいは誰でもやっている、真正直では生きられない。何て理由をついてしまう。いずれにしても悪いことと知りながらも、人は悪事をはたらいてしまう。

不況・師走は、人の心が落ち着かない。しかし、ほとんどの人は悪いことと認識したならば悪事をは働くことをしない。悪いことをしない人は我慢が出来る人である。

耐えることに慣れていない大人・我慢が出来ない若者が多くなった。戦後多少経済の波はあったにせよ、飽食・もの余り時代が続き、苦しみの経験がない?人間が多くなってしまったのか?、耐える・我慢が出来ない人間が多くなったのかもしれない。

« 川浸り | トップページ | 不自由さが長生きの秘訣? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落ち着いて判断・行動を!:

« 川浸り | トップページ | 不自由さが長生きの秘訣? »