« 日陰作りにひょうたん棚 | トップページ | 豪雨・地震・お盆と高校野球 »

2009年8月13日 (木)

最初で最後の党首討論?

15401選挙戦を前にして、昨日、麻生首相と民主党の鳩山代表の党首討論が行われた。今日の朝日・読売・毎日各誌の社説に取り上げられていた。それだけ混迷する現状から抜け出そうと必死であるが、なかなか糸口が見出せない。自民政策は「不満」、まだ政権担当していない民主党の「不安」は率直に言って国民の多くの感情であろう。

首相は長年、政権党として日本の政治を担ってきた自民党の「責任力」を強調したが、盛りだくさんのマニフェストがすべて実現されれば、確かに日本は活力のある安心社会に生まれ変われるかもしれない。

だが、それではなぜ、これまでの自民党政権がそれらを実現できなかったのか。今の政治の閉塞(へいそく)状況を招いてしまったのはなぜなのか。そこを語らなければ、いくら新しい政策、意欲を並べられても有権者は納得できまい。

鳩山氏にしても、新しい政治への「チェンジ」を呼びかけたのは分かるが、これまで政権を担った経験のない民主党に日本のかじ取りを任せても、本当に大丈夫なのか。信用してくれというなら、それなりの根拠、説得力を見せてほしい。(朝日)

自民党に対する「不満」と民主党に対する「不安」。今回の衆院選は有権者がそのどちらを重視するかの選択だという指摘がある。その意味では不満も不安も解消されなかった討論といえるだろう。(毎日)

財源の問題は、自民・民主との主張に大きな開きがある。ならば、基本的に最初から組み直し、日本再生をするために順序をつけたらと思う。

民主党の主張に「官僚主導」から「政治指導」にするといっているが「不安」がある。自民党の「天下り」はなくすと言いながらなくせない官僚の壁に押し返されてしまった「不満」が残る。

« 日陰作りにひょうたん棚 | トップページ | 豪雨・地震・お盆と高校野球 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最初で最後の党首討論?:

« 日陰作りにひょうたん棚 | トップページ | 豪雨・地震・お盆と高校野球 »