« 臓器移植法改正案のこと | トップページ | 透明なさつき空 »

2009年5月12日 (火)

家族の気持を踏みにじる発言

人気ブログランキングへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

24191人気番組?「テレビ朝日の朝まで生テレビ」で、ジャーナリスト田原総一郎氏に抗議が出されたという。

主権国家の日本で、何の責任もない日本人の多くの人が、北朝鮮の国策で拉致されて家族ともども人に言えない苦しみや、無念さは計り知れない。
そして今なお生きていると信じて、帰りを待ち続けている拉致被害者家族は、一縷の望みをかけて活動をしている。
日本国民の願いでもあり家族の願いでもあるそういった思いを逆なでする発言は許されない、謝罪すべきだ。


毎日新聞web・・・北朝鮮による拉致被害者の家族会と支援団体「救う会」は11日、横田めぐみさん(行方不明時13歳)と、有本恵子さん(同23歳)の安否を巡り、テレビ番組で根拠のない発言をしたとして、ジャーナリストの田原総一朗氏とテレビ朝日の君和田正夫社長に抗議文書を送付したと発表した。

家族会などによると、田原氏は4月25日放映のテレビ朝日の討論番組「朝まで生テレビ」で、2人について「外務省も生きていないことは分かっている」などと発言した。

東京都内で会見しためぐみさんの父滋さん(76)や恵子さんの父明弘さん(80)ら家族会側は「確実な証拠もないまま死亡説を唱えるのは家族や国民の気持ちを踏みにじるもの」と批判した。

田原氏は「家族のお気持ちは分かる。ただ、情報源は言えないが情報を得ている」と説明。テレビ朝日広報部は「内容を詳細に検討し、誠意をもって対応したい」と話している。

« 臓器移植法改正案のこと | トップページ | 透明なさつき空 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家族の気持を踏みにじる発言:

« 臓器移植法改正案のこと | トップページ | 透明なさつき空 »