« 正月飾り | トップページ | 年を越す疵だらけの日本丸 »

2008年12月31日 (水)

生涯未婚率が心配

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

08tubaki_takegaki11日本人の未婚率が大きな問題となって来ている。一生独身でしまう人が増えてきている。そして、晩婚化が増えている、そのため少子化に拍車がかかってしまう。具体的には、30代前半男性の未婚率が急上昇している。42.9%、ほぼ2人に1人が独身という状況だ。(30代前半女性の未婚率は26.6%)急激な未婚率上昇には、フリーターなど不安定雇用の増加も拍車をかけているという。
内閣府によると、フリーターは、93年の215万人から01年には417万人に倍増。国立社会保障・人口問題研究所は「フリーターの増加は、特に男性の結婚意欲を損なう効果が大きい」と分析する。その一方で、高学歴で高収入であるにも関わらず結婚しない、結婚できない男性も増えてきている。
30代独身男性がここまで増えたのはなぜか?結婚できないのか、それともする気がないのか?

年収が1000万円以上で、1人で楽しく生きていくだけでなく、経済的成功をも目指す30代独身女性が増えているという。この30年間で、女性たちの結婚に対する意識は劇的に変わった。女が男を選ぶ時代になったが、選びたい男がいない!?

世話焼きおばちゃんが少なくなって、近所や親戚紹介のお見合いが少なくなった。さらに会社の上司が善意でお見合いを紹介しても、今や女性社員にとってはセクハラとなる。35年前には男性の98.3%が結婚していたが(1970年の男性生涯未婚率1.7%)、その大きな力となっていた社会の仕組みが完全に崩壊してしまった。

2008年、生涯未婚率は男性が15.96%、女性は7.25%となっていて、年年増えていく傾向にあるようだ。

豊かさの、価値観でも、多様化した社会では複雑な社会構造に原因があると感じられる。豊かさとはお金という人が25%もいるという。お金に奔走している人が多く、結婚など面倒だということか?

人生観・結婚観などを、話し合う場も必要であるのだが、結婚できる生活環境作りも充実させなければならない。政治・社会が問われるのは当然と思う。

|

« 正月飾り | トップページ | 年を越す疵だらけの日本丸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/26655693

この記事へのトラックバック一覧です: 生涯未婚率が心配:

« 正月飾り | トップページ | 年を越す疵だらけの日本丸 »