« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

桜満開となった

昨夜に寒冷前線が南下し太平洋の東に通りすぎたかと思えば、また前線を伴った低気圧が日本列島にやってきた。従って昨日より7度も低い気温で、寒いくらいだ。

今日は城址2皆さんで花見を行うとのことだが(昨日奈良さんから連絡があった)自分達は国立の兄家に行く約束があって、出席できないと、断った。

12時半、家を出て、途中ガス注入して甲州街道を行き矢川駅入り口を左折し国立に入り大学道路を国立駅前にでた、桜は見事満開で人も車も大変な賑わいであった。まして駅前の車の込みようは、すざましいものだった。ロータリーを半周するのに30分ぐらいかかった。

やっと兄の家に着き、お目当ての三宝カン、甘夏、夏みかんを取って、持ち帰る。

帰りは、初めての道(国立~20号~多摩川(立日橋)を渡り~柚木を回って(途中北野台のスーパー(コープ東京)により買い物する)かえってきて4時となる。

兎に角寒い、風を引かぬように気をつけないと・・・そして小嵐のような(風を伴った)雨が夜になって降った。

今日は、三月三十一日大きな節目で、自分の中で褒めてもいい事で記してみる。

     無意識に   捨てるゴミ   悪気なし

  誰か気がつき  教える意味で  拾う事

  15年も続け   毎日やって  みんなきもちがいい

  そう信じて    これからも   一日一膳の行だ

  でも、とっても勇気のいることだ。

  

2007年3月30日 (金)

パソコン長時間は体に悪い

早朝、屋根に雨の音がして、風も吹いているらしく雨戸を叩く音がしていた明るくなって雨戸を開けたら、ビックリするほどの大粒の雨が降っていた。

8時ごろは、雷もなって春雷?となって光線と激しい音にまたまたびっくりする。やがて10時後には止んで日差しが射すようになった。北の空は青空に晴れ渡り正に前線が通過して南の方へ通り過ぎて行くのが良く分った。

10時半に妻は、八王子医療センターに心臓の検査結果を聞きに行く、大分予約なしでの診察であるので遅くなるのではと覚悟していったが意外と早く診察を受ける事が出来12時前には、電話で異常がなかったことを連絡してきた。そしてそのままそごうに買い物に行き帰ってきたのが12時40分だった。

2時に昼食を終え、アゼリアに行く、ここまでは予定通りだった。

アゼリアで千鶴子さんとあい帰りは、車で一緒に南口まで送ってあげた。(洗濯物を預けた)

午前中、ゴミ拾いをしながら、郵便局に小銭を貯金してきた12,300円だった。そして今日もパソコンを弄って4・5時間流石に疲れた。まして斜視で片目での操作なので体がおかしいと感じるようになった。

帰って来て車を洗って掃除する。そしてパソコンである。一寸控えるか?・・・その方がいいと思う。

2007年3月29日 (木)

固定観念で物をの見ると間違いが分らない

ゴミ拾いを済ませ、6月18・19日の多摩信用金庫の旅行について、奈良さんと話今回は行かぬ方向である。正明さん、矢崎さんが都合がつかないまた、奈良さんは老人会の旅行と重なるため参加できないという事である。

会計検査のための、報告書をまとめ河合さんと打ち合わせを行う、ここまでかなりの時間をかけて何度となく修正してまとめたが、ここで分ったのは、一人の目では間違いがって居る所が分らず、どうしても簡単なミスが気づかないでこれでは何時までたっても完成できない。

やっぱり、複数の目でチェくしないと駄目な事が分った。随分と時間と労力が無駄になったことか知れない。

午後より河合さんと付け合せようやっと完成となった。

妻はみなみ野の野島電気内の食べ物の(中華)お店に友達と行き昼食をしてくる。

どうも最近、目の悪くなった事に気づく、何かパソコンの画面を見ている時間が長くなったからなのだと思うが、気をつけないといけない。しょぼしょぼしたら、余計年を取ったような感じになってしまう。

今日は暖かさが更に増し、もう厚いくらいになって、挨拶も「あついね」の言葉が出てきてしまっている。いったいどうなったいるのかと思う。

2007年3月28日 (水)

桜が咲き出した

昨夜の雨模様は,殆ど降らなかった。そして今日は暖かな朝となった。3時に目が覚めて4時に起きて、パソコンチェックして、何時ものような朝食を作る。

午前中、町会監査資料をもう一度精査した、(色々修正箇所が見付かり)つくづくエクセルの難しさを味わう)プリントしてあそこが駄目、此処を直さないと駄目といった具合だった。午前中は終る。

午後は、大庭さんに資料を渡す(河合さん不在で、明日届ける事にする)2時に妻と芹摘みに行く約1.5時間摘んで来た。

昨日、国立の兄から昨日電話あり、庭のみかんがまだ残っているとのことで、取に行くのでお土産に芹でも持っていこうと思った。

今日は、20度を越える陽気になり、湯殿川沿いの住吉公園の桜も2分咲き位となった。何組かシートを敷いてお花見を始めているグループもあって正に春らしくなった。芹摘みしていたら、汗をかくほどだった。摘んだ量はまあまあの量と満足できる。

ココログのメンテも終って、ほっとする。

今夜は、由井市民センターで行われる、交通安全の指導者講習会に参加する。

新指導員は、15名で。帰って来て家に着いたら8時30分だった。国立の兄電話して3/31(土)でアポが取れた。

2007年3月27日 (火)

久しぶりの西伊豆旅行に 出かける予定だったが中止する

西伊豆の土肥温泉に行こうと思っていたが、二つの理由で中止する事にした。一つは、天気予報が午後から雨とのこと、特に南関東地方に行くほど悪くなる確立が高い。もう一つは前夜12時を回ってしまい(町会の会計報告資料のまとめと来年度の予算書作成でパソコンを弄りぱなしであり、睡眠は3時間ぐらいで頭が重い(どうも進まない)

ゴミ拾いをしながら、本家のマンションの掃除と本家の草取りで午前中終る。午後は雨も降らず(泣き泣きの空模様だった)何とか夕方まで持ったようなひだった。もう一度会計報告のプリントアウトして確認したら不備が見付かり修正をしたりして夕方になってしまった。

結果的には、旅行をしなくて正解だった、午後は寝不足で頭はもうろうとして、とても車の運転などは出来ない状態であった。時々横になり仮眠を取ったがとても辛かった。

7時50分防犯パトロール参加(雨がポツポツ着そうであった)参加者は、矢崎さん、大庭さん、(旦那)進藤さん、西山さん、寅雄さん、滝島さん、小川さん、自分で9人だった。

そして、9時に寝てしまった。本当に疲れた。(睡眠不足は駄目だ)

(ココログがメンテで記帳が遅れた)

2007年3月26日 (月)

町会18年度会計の〆と19年度予算書を作成

ゴミ拾いを済ませ、町会会計の河合さんと大和田町にある、押入れ産業に行き、町会会計の通帳類を引き出しにいく、そして多田倉庫事務所に貸し金庫使用料3,625円を支払いを済ませる(1年間分)

河合さんと付き合い八王子駅前の電気屋さんにより、ワープロの修理に出す、帰って来て多摩信に行き記帳をしてもらう、農協、郵便局と済ませ12時過ぎに帰ってきた。

そこで河合さんのワープロが故障で町会会計の締めが出来ないと言う事で、なれないエクセルを動かし、食事もそこそこに(昼食、夕食)夜12時に寝る。(大分疲れてしまった)何しろ、ノーブレッシングでして仕舞ったからな・・・・

結果何とか纏まった。しかし明日は妻と約束で西伊豆に一泊旅行を約束しているので、睡眠を十分取って、行かないと事故になった仕舞うから・・・と心配してしまった。

特にこんな時には気合を入れて、車の運転には安全運転で心に刻んでいく事にしようと思う。

こんな事も(河合さんのワープロ故障)悪気があってやったことではないだろうから、一生懸命やった。誰にも頼めないし、仕方がない。

でも、河合さんの性格がちょっと分ったような気がした。

2007年3月25日 (日)

恵みの雨

天気予報通り、昨夜は雨戸を叩く南風が遅くまで吹き荒れていた。勿論気温は高めで、北に低気圧があってそこに南の湿った風が流れ込んだといった事だ。

昨日まで、空気が乾燥して湿度20%以下という日もあって土ぼこりは、目に入り大変に雨が欲しかった、それはあらゆる生物の要求である。インフレエンザで寝込んでしまっている人も大分多く学校でも学級閉鎖や、学年閉鎖がテレビや、新聞のニュースで流れる今日この頃だった。そういった方にも恵の雨となったと思う。人間の心の奥まで乾燥して、犯罪や、感覚にも支障をきたす事になるのではないだろうか?

こんな事を記している時に、大きな地震が9時42分石川県に起きた。以下の通りである。

           発生時刻  9時42分

           震源地(石川県能登半島沖) 北緯37.3度東経136.5度

           震源の深さ  50キロ㍍

           規模      マグ二チュウード7.1

           震度      6強

           主な都市   七尾市、輪島市、などだった。

昨夜は、パソコンで思うように動かず取り組む事3時間(10時から~1時回っていた)今朝は、4時半に起きてしまい眠い。食事の片付けを終えて2時間ベットに横になった。

全く、寺田寅彦の「災害は忘れた頃にやってくる」それが実感した所である。

        内の妻   地震が起きて   水を貯め

雨は午前中に上がり(予報通り)住吉公園の木々も生き返ったかに見える。これぞ「恵の雨」と言ったところだ。

 

2007年3月24日 (土)

退屈な時間もたまにはいいだろう

今日は、投票日(4月22日)統一地方選挙で八王子市会議員の塚本議員の事務所に、朝8時45分~15時までいた(片倉町一丁目町会当番で大庭さんの召集で)何もしないでただいるだけの退屈だけの時間を過ごした。

まあ・・居るだけでいいとの事だったが、長かった。(昼食は貰って食べた)何人かの知っている方がいたが、その方たちと話が出来たのでコミニケーションは取れたのかと思う。

天気は予報通り雲って来て今にも降りそうな空模様となる。寒かった。桜は住吉公園は開花した様だ。でも明日の花見は無理だ。

パソコンの威力に感嘆するばかりだ。日進月歩進化しているのが実感できる。GOOGLE

EARTHなどは地図であるが目的地をクリックすると写真が出てくるには驚きである。このプログラム作るのには大変は苦労があったことだと思うが良く出来ている。

今月は、今年度最後の町会理事会である。会計の締めと監査と来年度予算書作成に手間と時間がかかリ大変である。帰宅は9時30分だった。

孝貴から電話があり、「この前の相談の件何とかある程度の目途が付きそうだ」との事である。また、この件は国立の兄に相談をしていて、今日もその事を話している。いずれにしても、俺達は生家である屋敷がどうなんても仕方がないと思うが、いつの間にか人手に渡ってしまっていたという事は,なんとも偲びがたいので、そうなる前に一言が欲しい。と云って置いた。

2007年3月23日 (金)

愛情深さは限りがない

6時半に、鉢物を表に出し、みずやりを行い掃除を掃除機を使い行う。丁度8時から1時間半の9時30分に終る。

買い物に出かけるが南と北で正反対のところに行くので、昼に掛かってしまうので、妻はおにぎりを作って行きあきる野市の都立公園で食事をしようということで、まず神奈川県相川町の三増の卵やで、生みたて新鮮な卵と草花を買って戻り高尾街道を北に向かいあきる野市に出て公園の駐車場で、昼食をとる。しばらく昼寝をして1時45分に出てあきる野農協によって食料品を買う。

奥多摩街道を東に向かい昭島のアゼリアに行き、洗濯ものを引き取ってくる。

おばあさん、気持が悪いめまい?頭がふらつくとかで、調子が悪そうだった。原因が分からないが入居者の中に気の会わない人がいて、気になって仕方がない。そのことで精神的に疲れたよな事を話していた。

またこんな事も云っていた。56歳の内藤さんという人がいて、その人は脳疾患で半身麻痺の車椅子生活者で、2年間おばあさんと、クロスワードパズルなどでとても親しくしていた。去年12月ごろ国分寺の施設に移った。最近手紙がきて、おばあさんは得意にしていたが(見せてもらったが細かい字パズルの事、おばあさんの体調の事を気づかった言葉で、いっぱい書かれていた)それを何処からか気がついたような人がいて、色々事情をしつこく聞くおばあさんいて(88歳の女性)あんまり聞くので、気にして悩んでいるのである。(93歳で、ほんわか人を思い焦がれる事って人間にはあるんだ・・・と思った。でも幸なことだとも・・・)

そして感じたのは、愛情をかけて痒い所に手の届くまで介護するとしても、これで良いと云うことはなく際限ない。人間の欲望は勝手であり、ある程度のところで納得しななければならない。また、並みのすることでいいと思う。

普通の(世間並みの)事でいいと思う。だから、無理をしてしまえばどこかに突き破るものが起きる。長い目で考えて置かないといけないと思った。

帰ってきてパソコンで、世界のリアルなライブ映像のサイトを見つけツールに加えた。なんだか、驚きである。

今日は、週末でなのか、明日からの天気が悪くなるとの事なのか道路が混んでいた。陽気は4月上旬並の18度位になり、桜も蕾が膨らみが、威勢ずくという事になりそうだ。

2007年3月22日 (木)

IDとパスワードが忘れる事が多い

今日も、あれこれサイトにアクセスしたが、どうもIDとパスワードが覚えられないで、ドコモにアクセスしようと思ったが、3回失敗して、ロックがかかり、電話でもう1度聞いて新しく、番号を作った。これから、それらを含めて、管理方法を考えないといけない。

特にお金に関わる三井住友銀行、東京三菱UFJ証券等が失敗してロックがかかったら大変面倒になってしまうので、要注意だ。

午前中はごみ拾いを済ませ、パソコンにかじり付き普段アクセスしていない物件をあたったがうまくいかないで、復元するのに時間がかかった。

妻は、みなみ野シテイに昼食を食べに、仲間の渡辺さんと出かける。

空気が乾燥しており、雨が欲しい処だが、どうやら日曜日辺りに降る様な天気予報だ。

午後は、歩いて三ツ星に野菜を買いに行ったが、どうも店がシャッターが閉まり営業していない様子だった。のでみなみ野の三和に行き買ってくる。

風が強く、土ぼこりが舞い上がり空が茶色くなって仕舞うほどだった、お陰で目にゴミが入り辛かった。気温は上がっているようだが、体感温度は寒く感じられた。

三和には、余り行っていないので、勝手が分らず、買いにくいところがある。大庭さんに志摩のお土産を頂く。

帰って来て、刻み昆布を煮付けて一品夕食のおかずに加える。(海藻類が好きなんだ)結構味もいいようである。

今日は、また株が世界的に上昇モードであり、この調子(3日続伸)で行けば楽しみが出てきそう。

2007年3月21日 (水)

彼岸の中日に

朝7時半、朝食中に、けたたましく電話が鳴った。町会会計の河合さんからだった。一寸会館会計の締め(3/20)だが、本会計の方もしたいので、数字を教えてくれとの事で、9時に会館チェクし、自宅まで行って来る。3/26日押入れ産業に行く事を約束してくる。(9時AM)

帰りに高橋副会長に会い、来年度の予算書の事を話したら、昨年と同じの考えでたたき台を作ればいいとの事、但し、簡易保険の収入は無しである。

帰りに田中婦人会会長家と、奈良さん家に行き防災研修会のお金1,000円を渡す。ところで、花見はどうだろう3/25日は咲くだろうか、また空模様は雨とのことだが?来週にするか?話した。

今日は彼岸の中日である。本家はどうなっているのか?心配になり、行ってみると誰もいないカーテンが閉まっていて寂しい風情だった。とりあえず家の周りの草取りをし、レジ袋いっぱいににし、塵だしをしていると、秀雄兄が来て、鍵を開けて空気を入れる。11時50分鍵を閉め帰宅する。(孝貴に電話で家に入ったことを話す=仕事)そして、

3時半に勉達が来るが、お墓参りに来てよったとの事である。美空は元気になってよかった。(ヘルニア手術おこなって)1時間ぐらいで帰った。

昼からは、パソコンで弄って過ごす。世界の景気まで気を配らなくてならぬファンドを買ってしまったので、かなり頭を使う事になってしまったようだ。いやいや気を使ったって、使わなくても同じだと思うが、3年じっと待っていられるかだ。たまたま、パソコンでリアルに見られるから・・・

今日は晴れているが、相変わらず風が冷たい。お寺の山の階段を登っていたら、うぐいすが、上手に鳴いて、春の来た事を告げるかのようだった。

     うぐいすの  鳴き変わらぬ   春の声

     気がつけば  枝の先には  花芽あり  

     山道を   春つげ鳥や  鳴きのぼり

     鮮やかき  すみれの花や  凛と咲き

今日、山道を登りながらこんな、情景で印象に残った。    

2007年3月20日 (火)

お墓参りのハシゴ

毎年のことだが春と秋の彼岸には、お墓参りのハシゴである。午後より、妻のカラオケの先輩でもある米ちゃん弁当(西八王子駅近く)屋さんに太巻きを買いに行き、(夕食用)梅洞寺、天龍寺、来迎寺と3つの墓地をお参りで、ハシゴする。明日が中日で休みであり、お参りは明日にする人が多いのではないのかと思えて、今日は、人に会う人数が大分少なく、道路も空いていて、楽だった。

暑さ寒さも、彼岸までというように季節の分かれ目だが、きょうも風が冷たく、昨夜より、トイレのガラス戸をカタコトと、ゆさぶっていて、また強い風で寒かった。でも、花桃のは花は咲き出していた。また今日は東京の靖国神社標本木の桜が開花したとの事(3番目に早い開花)である。

防犯パトロールに出働する。参加者は、矢崎さん、山口さん、佐藤さん、進藤さん、自分の5人だった。

2007年3月19日 (月)

病院の待ち時間は長い

妻の、心臓の負荷試験検査で、9時半より八王子医療センターの循環器科に行く、奥まった地下室で検査は行われ最新鋭の機械装置によるもので、3回に分けて行い、10時に始まって午前中2回で、午後は2時10分より行い会計を済まし(26,600円)帰宅は3時15分だった。途中昼には車で城山湖に行き、食事を取って(妻は食事駄目)昼休みをした。

センターの受付で、秀雄兄に会ったが、一人でいた。何か様子を見て哀れさえ感じさせられたのは、余りにも弱ってしまって元気さがなかったからか、気の毒になってしまった。そして、自分はあのようにはなりたくないと思った。無愛想、貧相、動作が緩慢(年を取ればしかたがないか?)

家に着いたら、国立の兄からの毎年のことだが、グレープフルーツが玄関に置かれてあった。早速国立にお礼の電話を入れた。

国立の姉さんから、房姉さんの秀雄兄のことでやっぱり、盛んに苦情を話されたとの事だった。もう少し穏やかに夫婦仲を考えて欲しいと思う。秀雄兄にも悪い所ばかりでなく、いい所もあるよ、と言いたい。

一丁目町会会館会計の事で大庭さんに会館使用料を頂きにいく(今月は3/20締めとするため)そして、帳簿整理を行う。

天気は、晴れたが、昨日ほどではないが、風は冷たかった。寒いのも後2.3日か?(天気予報だ)

パソコンを毎日弄っているが、(異常と思えるほどで今日などは朝の3時からやっている)毎日分らない事が起きている。新しいことへ挑戦しているのだが、一度出したサイトに再び同じサイトが開けないでしまう。悲しいほどだ。だが、それがあるから飽きずにやっていられるのだとも思う。難しいものだ。

2007年3月18日 (日)

自然は淡々巡り来る

自然は、優しく、恐ろしく淡々と移り変わる。このところ真冬並みの寒さが続くが、季節は確実に移り変わっている。日照は一日一日伸びている事が実感できる。そして、自然は正直に反応している。草木は芽吹き、昆虫、動物達もそれに応えて動き出す。

今週は、病院関係で、スケジュールが立込んでいたが何とか無事に終った。

今日は、妻が北野市民センターでカラオケ発表会で10時45分より出かけたためと、国立の兄が来るかも知れないという事で、自宅待機の状態で3時50分まで家にいた。その間テレビを見たり、パソコンをいじったり、車を洗車したりして、時間を過ごす。3時50分にもう、来ないと思い歩いて三ツ星往復する。

何と言って東北東の風が冷たく顔を射すように強く感じられた。しかし、雪柳の小さく白い花は、文字通り雪のようにさいている。そして、桜草は、小さくても、少しでも存在感を見せるかのように、咲いている。必ず冷たい風は収まるだろうし、確実に春はやって来る。

歩いていてそう感じる。道端にのコンクリートの割れ目に、タンポポが黄色い花をせいっぱい咲いていたのがとても、印象的だあった。

2007年3月17日 (土)

こんなに遅く初雪が降るなんて

昨日東京地方に雪が降ったとの事、気象庁の観測は1876年(明治9年)より開始され観測史上最も遅い初雪だそうだ。でも、八王子は今日午前8時ごろ2.30分降ったのが初雪と思う。今までに最も遅い初雪は1960年(昭和35年)2月10日であるから一気1カ月以上も記録を更新した。また平年の初雪は1月2日だそうで平年に比べて73日も遅い初雪ということになる。

エルニーヨ現象とのことだとか(気象庁ではエルニーヨ現象は2月末に終息したとの事)深刻な地球の温暖化は間違いなく進行している。この事が色々と影響を及ぼすのではと思う。夏の干ばつ、冷夏、大型台風の襲来等であるこの付けが心配だ。しかし見んな人間の仕業であると思う。

此処2.3日は真冬に戻った感じで寒い。これも理由がある太平洋の高気圧が日本列島の関東の東南東にへこみがあり弱い、そこを目がけてシベリヤより36度という真冬並みの寒冷前線を引き連れて関東地方の上空を通過しているとのことだ。

桜の開花も遅くなって仕舞うのかな・・・(25日は花見は無理か?)

今朝ごみ拾いをしながら、本家に行き、駐車場を中心に草取りをし、何時もの通りレジ袋一つを出しておく、アパートに行き玄関の掃き掃除と南側の草取りをして午前中終る。

午後アゼリアに洗濯物を届けに行き、帰って来てから、かねまんに行き、バナナその他の食料品を買ってくる。

塚本議員の事務所当番は失礼してしまった。

その他、今日感じた事は、本家の無人のままの状態は何時まで置くのか、孝貴に聞くと相続で負債での相続であり処置が厳しいと聞くと、なんだか考えてしまう。どうなっても仕方がないが、出来れば生家は残して欲しい。最悪は、処分は事前に話して欲しいところだ。

アパートの掃除をしていて、思った。住民は何故自分が住んでいる住宅の玄関先を掃除をしないのだろう。ごみが(木の葉や、紙くず)いっぱいあっても気がつかないのかなあ・・・そしてJAの建物の周りの汚れは尋常でない、後日聞いてみたい。毎日一寸の時間をさいてごみ拾いをすれば、気持がいいのにと思うが・・・

2007年3月16日 (金)

脳梗塞の検査結果OK

半年に一回の頭部MRI検査を予定通り行い、異常なしまた新たに梗塞は見当たらない。

すでに出来てしまった3箇所は解けて、死んでしまって(脳軟化症という)穴のように黒く見えた。さて、採血、採尿の結果は来月の診察にするが血糖値心配だ。血圧は112で問題なしだ。しかし、最近耳鳴り、体のふらつき、歩いていての歩幅、段差の認知度が低下が著しい。

野猿峠脳神経外科病院を、10時に出て車で遅い朝食を取り一寸多摩市の方を回って帰宅する。午後から、千鶴子さんの見舞いに八王子消化器病院に歩いていく、手術は順調に回復して20日(火)に退院できる見込みとのこと。

淡々とスケジュールをこなした一日だった。東京に初雪が降った流石に寒かった。こんなに遅くに初雪が降ったのは4じゅう何年振りとかである。

この所の、美空の手術、自分の脳検査、千鶴子さんの手術、そこに兄弟、親戚の絆で、人間としての思惑や、誤解、羨み、と個性、価値観の違いで、信頼して(愛して)いても、心が届かない。もどかしさはどうする事も出来ない。

だから、所詮基本となるベースが違う所からの発想であるから、100%は勿論60%も納得できる許容範囲がない(すれ違い)のは当然であり、そこはお互いに譲り合う事で世の中うまくいっているのだ。そこで我慢して、相手を許すことの大切さが分るということだ。

美空は、予定通り退院し、経過は良好との勉からの電話あり(4時)・・・良かった。

2007年3月15日 (木)

一つ一つクリヤーするしかない

今週は、スケジュールが一杯でどうするか、最近珍しくちょっと焦った。でも何とかこなせるようだ。基本的には一つ一つクリヤーしていくしかない事で同時に2つは出来ないことだ。つくづく思った。とりあえず、16日午前中、野猿峠脳神経外科病院と午後は八王子消化器病院に千鶴子さんの入院見舞い、17日アゼリアに洗濯物を届けに行く。18日妻のカラオケ大会(北野市民センター)

午前中、ごみ拾いを済ませ、会館のチェックをする。(もう灯油は買わないで済むと思う。) 八王子北口に行き、都饅頭と強力わかもとを買って帰る。(河合さん家に午後からお邪魔するので持参するため)

午後より、河合さん家に行き、町会の会計について会館会計と本会計との残高確認を行う。(13時~14時30分)妻は、カラオケに出かける。

本会計に繰り入れ、78、741円となる。本会計残高138万円、総合計約150万円ぐらいか締めは(今年度)3/20とする(大庭さんの奥さんに話済み)監査は4/4,   4/14総会(決定)

それまでに、帳簿、領収書、現金確認と(利息の確認=押入れ産業)農協、多摩信等の通帳確認、総合締め(予算書と実績の)表の作成、  来年度の計画書の作成がある。

気象庁の桜開花予想の訂正があって東京の開花予想は3/23日となった。城址2のお花見は3/25日とのことだが、果たしてどうだろう。

今日は厚い雲に午後から覆ってしまい、寒く一転冬に逆戻りである。明日雪?との情報も。株の方は183円値を戻す。

2007年3月14日 (水)

想定内の事と想定外の事

想定内の事と想定外の事が今日はおきてしまった。今朝は、スケジュール通りに事を進めるべく、鉢物にみずやりをして、掃除機をかけて、掃除をして、途中、妻が、千鶴子さんの手術の件で、幸一さんに電話をしたが、仕事でいない、裕美がいたので、術後の具合を聞いた所胆石は4っあって内視鏡にて、取り除いた。経過は良いとの事だ。

そして、邦さんに手術の事を話しておかないと後々トラブルの元になると言う事で妻は幸一さんに電話するように勤め先の携帯に入れた。そして幸一さんから邦保さんに電話を入れたが不在で照美さん伝えへそして邦保さんの耳に入ると言うややっこしい伝わり方をした。

三人の兄弟で旨くやっていこうと考えて両方を取り繕ってした行為が仇となってしまったような、後味の悪い結果になったようだ。妻は気持ちが治まらない。で、午前中終る。

午後より予定としていた、共済立川病院に美空のヘルニアの手術の見舞いに電車にて行く。2時10分に病院に着き病室には、すでに青柳のお母さんが来ていてくれていた。手術は順調に終って経過は良好との事である。220号室の個室のベットに点滴をしていた。4時20分までいて、青柳のお母さんに失礼だが、お先に帰る事にした。途中片倉駅で夕食の食料品を買ってきた。

今日は、想定内の午後よりの美空の見舞いであったが、午前の邦保さん夫婦に千鶴子さんの手術で入院した事の話は想定外の事で、感じたのは、10年前の遺産相続から、価値観の相違と兄弟の確執の違いで、今までの想いが噴出したようで、何かまた距離が離れたような感じだ。人の付き合いの難しさ、人格、プライド(人の尊厳)尺度の難しさでツクヅク悩まされた。世の中を渡るには、難しい事の連続だあ・・・いい事ばかりない。

株の方は日経平均株価が500円以上も値を下げ、目も当てられない。なんとの情けない。

2007年3月13日 (火)

なんだか春の足音が聞こえてきた

何時ものように、散歩して約6㌔ほどの距離の風景を眺めているうちに春のあしあと?と言うか、風の音と言うか、五感に響いてくる物がある。そして、匂いがするのである。また色がある。まとめると、音、光(色)、匂いが今までと違うのである。

そうして、季節は巡り回って来るのである。だから、忙しくしている人には(今までは自分でも感じることが少なかった)余り分らなく、過ぎ去ってしまっていたのだ。あっ!!という間に草木の青く萌え、枝が伸び幹が太くなる。水と太陽の力(自然の恵み)で姿を変えるのである。それに動物、昆虫達も応えで生活を営む事が出来るのだある。

そんな思いで歩いて(散歩)見た。散歩の前に、ごみ拾い、と資源ごみの整理、道路の草取りをした。日差しが柔らかく、ソフトな感じで気持ちも和むようだ。

午前中ごみ拾いを済ませ、前の道(私道)の草取りをし、前述の通り歩く、午後は大庭さんと防災器材を払い出しを受ける。(テント一式、かまど一式、懐中電灯、電池、ブルーシート)を運び片倉グランドの防災倉庫に収納した。そしてテントに町会名を書き足した。また、公団で貰った倉庫の材料を(倉庫の骨板を)一時保管してあったブルーシートの補強をした(破けてしまっていた)

塚本議員事務長になっている、秀雄兄が毎日のように来ているが、ほとんど喋らないし、何もしない。一寸心配する位だ。(大庭さんに、あれでいいのか聞いてみたりした)何か皆に言われたりしているのではないか?なあ・・・

防犯パトロールに参加者は、矢崎さん、寅雄さん、佐藤さん、進藤さん、自分で5人だった。寒の戻り?よく晴れて、星空で風がとても冷たい夜だった。

2007年3月12日 (月)

春はあけぼのがいい

「春はあけぼの」がいい、と言うようにほのぼのとした陽気になった事を実感した。北の国では白鳥が、遠くシベリアに旅たったとの便りがあって、南の沖縄ではツバメが飛来して来るのも、もうすぐのことである。

遠く丹沢山塊の山なみを眺めて見れば、乳白色に春の日差しでぼやけて写り近くには木蓮なのか、こぶしなのか白い花が天に広げて咲き、紅梅の赤い花が辺りを明るく映し出している。そして小鳥の声も美しい音色になってきた。そんなのどかな風景となって、これが春はあけぼのがいい、ということなのか。

午前中、塚本議員の事務所に居て、午後より買い物に行く相模原のサンドラッグ行く(最近の薬屋さんは、スーパー形式になっていて食料品も売っている。)~フラワーランドに行き食料品、お米を買ってくる。

相撲も大阪場所(春場所)が始まり、プロ野球もいよいよオープン戦も始まり、季節は巡りまわっているだ。でも、最近は興味が薄れてしまって関心ない。

中国の株の急落に始まり世界の市況も風を引いた状態になってしまったが、それも何とか脱却しつつあるように思える。(これは長い目で見ないと判断が出来ない)よかった。

今週は、何と言っても、ヘルスに関することで、時間を取られそう、13日八王子消化器病院で千鶴子さんの胆石手術、14日共済立川病院(美空のヘルニア手術)16日本人が野猿峠脳外科病院でMRI検査、19日妻が、八王子医療センターで心臓検査と続けての病院行き(見舞い等)こんな事珍しい。

妻は、最近は調子がよさそうで今夜も、風が冷たいがスワンに出かけて、歌を歌う元気な所を感じさせる。

2007年3月11日 (日)

春に3日の晴れ間なし

午前中は、強い雨が降り続いたが、切ったように晴れ間が広がった。昔から言われているように「春に三日の晴れ間なし」と云われるように天気が続かない。そして、三寒四温というように序序に春が深まって行くのである。

午前中は、大雨だったので、ひじきを煮付けたり、パソコン弄りで過ごす。午後は、この所歩いていないので散歩に出かける。湯殿川をさかのぼり大橋~畑道に入り~みなみ野通りに入り~みなみ野大橋~片倉台~打越のふじやと公園~家に着く約2時間

途中、珍しく久保君と会う。すっかり痩せてスマートになっていた。本人は糖尿病との事で食事制限をして、体重68kgから55キログラムに落とした。体調はよく軽く感じるとの事である。でも、心臓の具合が良くなく(ペースメーカーを付けることを所まで来ている)不整脈で苦しんでいる。軽く散歩(約4.5十分)毎日するようにしている。

空模様が、大変動きは早く、大空のみなみ半分が黒く厚い雲に覆われて、ちょっと北側には、晴れて青く透き通って、太陽の光で、とても印象的な空模様となっていた。その黒雲の端が強い風でちぎれて西の方へ飛ばされていた。

遠くの山を見渡してみると確実に春は近くに来ているのが分る。またこぶしの花が白い花びらを広げて何かを掴もうとしているように見えいた。

実家の前を通った時、昨日孝貴が来て話した後なので、なんとも云えぬ思いが頭をよぎってまともに見られぬ、悲しい気持ちになった。また、お袋や、親父の顔がよぎった。そして、はるか昔になってしまったなあ・・・とても静寂な雰囲気な気がした。

2007年3月10日 (土)

いろいろな事が重なってしまう

ごみ拾いをして大庭さんに会う(CC大作戦で、由井中にいく途中)会館のチェックをして、会館周りの草取りをする。灯油缶を一個引き上げる。

川久保さんよりの食材の洗い流しの注意を、奈良さんと、行く(今日も流れ出していて、以前に姉さんから注意して欲しいとの要望があった)川久保さん、本日中に処置するとの事で、早速、姉さんに報告する。

孝貴より相談があるとの、申し入れがあり5時から約束する。午後から、車洗いをし、GASを注入して勉宅のマンションに行き、青柳にお世話になるからとサブレを持参し(boxに預ける)~アゼリアにばあさんの洗濯物を引き取き取りに行く(千鶴子さん入院で妻が頼まれた)帰りは、4時となる。

孫、の手術日が14に決まった。千鶴子さん13日で続いて仕舞った。また16日が自分の頭部MRIの検査。

来週は目一杯のスケジュールである。覚悟をいいか?大変だぞ・・・そして、昨日の除草にツルハシ作業の後遺症があって、腕が痛い。が、やるしかない。

いずれにしても、負に財産の相続であり、いまだに親父の事業を引きついて遣ってやっているとの想いがある、Yとこれまで、貧乏くじを引いてしまったTの想いの溝が、埋まらない感じである。

妻はカラオケで10時40分帰宅する。(随分遅くまで?)

2007年3月 9日 (金)

ツルハシを振るって3時間

今日も昨日に引き続き河川敷(堤防)の草取りをツルハシを使って、3時間(休み休み)だが、合計3時間行う。慣れないツルハシを振っての草取りで筋肉痛がでなければ良いがと思うが。・・・

午前中1時間と午後2時間行った。汗をかいて気持ちが悪いし、靴には土が入って足の裏が痛い。取得と云えば、エネルギーを消費して、いくらか無駄な贅肉が減るのかなあ・・・と思うくらいだ。

株式の方だが、東芝株は19円上がり769円だ。日経平均株価は106.64上がって、17,196.95円で今週は、締めた。

東芝株の事だが、ゴールドマン・サックス証券が、8日付けで投資判断を「中立」から「買い推奨」に引き上げた。目標株価は880円を継続。1月半ば以降の調整で株価の上昇予知は22㌫に拡大。同社株の最大ドライバーであるNANDフラッシュ市況の底は、1~3月と判断、悪材料はまだいくつか残るが逆張りなし押し目買いのスタンスで望みたいとしている。NSNDの市況改善が単なる季節要因でなく構造要因(8インチ工場問題)を伴うことが株式分でもより認知されてくると08年度業績を株価が織り込める環境が徐々に整うとしている。・・・(株式新聞)というわけで、ようやっと東芝も花が咲きそうである。

どうも自分としても、大きな博打をした訳なので、でどうしても気になるのは当然だ。

陽気の方だが、今日も風が冷たく日陰では寒い。12度ぐらいだが、体感気温はもっと寒い感じがした。

2007年3月 8日 (木)

河川敷を開墾(うなう)

今年は暖冬のため、草の伸びるが早い。毎年河川敷のコスモスを育てているが、雑草が目立ち始めてきた。毎年行っている奈良さんに、雑草処分を2・3日前に話したが、まさか、今日行うとは思っても見なかった。

ごみ拾いをしようと、何時ものように出かけた所奈良さんがつるはしを使ってうなっていたので、自分も、ビッチングを取り出し、堤防にでて、一緒にやった。11時までやり、午前中は終る。

午後より、一人で始めて1時間、奈良さんに借りたつるはしで約70㍍を開墾(うなう)した。一気にしても疲れが残って体に良くないと思いこの位で止めた。で、今日は散歩は、しないでもかなリ、エネルギーを消耗したので良いかなあ・・・

株価の事がどうも気になる、勿論ファンドもだ。毎朝一番にパソコンで、ニューヨークの市況を見たり、ファンドの状況を見たりしているが、今日は、326円と値を戻し、日経平均株価も17,000円をクリアーし、ホットしている。東芝株も37円上昇し750円となり、やれやれだ。

確かにいえる事は、こんな事ばかり気をもんでいると、体に良くないし、精神的に悪い事だと感じる毎日だ。スパーンを3年と見たのだから、毎日、一喜一憂しないようにしなければいけない。

この所、一寸考えてしまう事がある。何かと言えば、人間の切なさ、儚さを、そうすると、居ても立ってもいられない焦燥感に駆られる事がある。原因は、体調が今一良くない時に考え込んでしまう。まだまだ、修行が足りないのだ。

そして、体調が良くなると忘れてしまう。もっとゆったり生きようじゃねいかなあ・・・

2007年3月 7日 (水)

三ところ攻め(身体)

暖たかい冬も過ぎて春が近づいてきた矢先に、今日は大分強い寒気がやって来きて、冷たい北風が吹き荒れた。春になるのは三寒四温というけれど正にその通りでその谷間になった感があった。

昨夜は、比較的に眠れたが、昨日のダメージは今朝もあって、体の動きが鈍いと感じた。人間良いことばかりない、山あり谷ありだから、体だって絶好調なんてある訳はない。だから、三ところ攻めのような、あちこちに痛い所あっても仕方がない。頭部は耳鳴り、肩は痛い、尿の出が悪い等々幾らでもある。本当に生きていくには、辛い事が多いものだという事を感じさせられる。

今朝は、5時45分に起きて何時もの通り、朝食の支度をして、鳥小屋の掃除を済ませベットに横になったが、直ぐに起きてパソコンを弄って、午前中終る。午後より、あきる野市に行き、野菜と、ウコンを買う。帰りに遅い昼食を取るごんすけと言うお蕎麦屋さんで、鴨なんばんを食べて帰ってきた。

今日の感じたことは、何時までも、元のままではいられない、徐々に変化して行く自然の法則があるのだ。どうする事も出来ないサダメを心にしみて味合わせられる。

 作詞家の川内康範と歌手の森進一のトラブルの問題も、川内康範の言っている事も解かる気がする。詩に命を懸けている事なのだという事だ。朝のワイドショーのテーマになってしまっているからだが、生きるには半端な気持ちでは生きられない。義理と人情の世界もあるんだ。という事だ。

ベトナムのハノイで北朝鮮と日本との交渉が始まった。日本と立場は、拉致の解決なくして国交なしとの立場を堅持して貰いたい。それにしても北朝鮮という国は、なんていう国なのだろう、核を盾に国際社会を揺さぶって、北朝鮮国民のわがままを通そうとするとは、今の国際社会は、許されない事だと思う。

2007年3月 6日 (火)

一日事務所に詰めていた

朝8時45分塚本選挙事務所に行く、もう緑町のご婦人が来ておられていた。しばらくして、大庭さん、もう一人緑町のご婦人が来て、小川さん、石田さん、篠崎さん、今治さん、が来て、昼食を取って2時30分まで事務所にいた。

体調だが、塚本事務所から、帰り道に尿道炎のような痛さを、感じ、また、小便を出る時に痛い。これで、とうとう年貢の納め時で専門医に行かなければ駄目かなと思った。

家に帰って来て、やたらと水分を取る事に集中しお茶を、がぶがぶ飲んだ。そのため、夕食は取らず、風呂に入ったら幾分良くなった感じで、直ぐベッドに横になった。

防犯パトロールの不参加を矢崎さんに電話してまた横になる。妻の、ダンスに出かけた後、夕食を冷蔵庫より、取り出し食べる。

今日は、夜が長いかなと思いながら、8時に本格的にベットに入ったら、途中2回のトイレに行って目が覚めたのが5時40分であった。ほとんど何時もの状態に戻った。

気になる事。=①ヤッパリ、何れは、専門医に見て貰わないといけない時期が来た思っ  た。

         ②今治さんの、言葉に「自分がやった、やったと云っていると、人から見離される事になる」という言葉が最近、選挙に絡んでの、いやに気になる事柄で、感じた。

今日の体調不具合は、肉体的、精神的な緊張感からの疲れ?(突然夜中に目が覚めて「××証券」のファンドが一気2日で00万を失った事は夢であって欲しかった。)と色々と思う。何十年もコツコツ貯めた思いや、藤内さんの顔とかが思い浮かび上がって、中国の株安では、片付けられない事実。反省、反省だ。

2007年3月 5日 (月)

春の嵐か、

天気予報では、朝から雨模様だったが午前中は日も射す空模様だった。気温は20度と4月下旬の陽気である。午前中は買い物、野草摘みなどを考えたが、途中雨に降られても大変だと思い、ごみ拾いだけして済ませて、家でパソコン弄りをして過ごす。

今日も株価が500円近く下がり、とてもショックだ。東芝の株も元値に近づきお手あげだ。だから、もうLPLのページはしばらく見ない事にする。恐ろしくなり見れないと言った方が正しいのかも知れない。

メールの調子が悪いので、niftyに電話で聞きたくてフリーの電話にかけたが何としても、フリーダイヤルで繋がらないため、自分で色々挑戦したがしたが解決できず、そのままだ。でも特にどうしてもの事でないので良いとのことの判断だ。(一回のメールが2回の受診してしまうだけなのだ)

午後時に小雨が降り続いていたが、歩き稲荷橋まで行って途中、(帰り道)塚本議員の事務所に寄ってみる。片倉町会の方がいた、また奈良さん家に寄っていたら、大庭さん来て奈良さん家で家から持っていった果樹酒を飲んで、ご馳走になった。明日は塚本議員の事務所に行き(片倉町一丁目町会の当番)を大庭さんにO.Kを返事する。

午後から南西の風が吹き付けて雨も少し増してきた。夕方になって風雨も強く雨戸を激しく打ち付けるようになって、春の嵐のような感じになってきた。(8時半頃)

それにしても、正明さん夫婦の了見の狭さ、一刻さはどうにもならないと思える。何様まだと思っているのだろう。世の中困った人は大勢いるが、この夫婦の難しい人も珍しい、分らん人だ。大庭さん、篠崎さん、議員(2回)敏雄さん、野島さん(2回)も大の大人が行って、説得したが聞き入れてくれないのだ。

近所の事で、これからも付き合わなければいけない事もある。失敗や迷惑はお互いさまのところがある。我だけを張っていては、近所から締め出されても仕方がない。

2007年3月 4日 (日)

日曜日らしく過ごす

このところ、体調と精神的なギャップがあって、なかなかバランスが取れない日々が多いようになって、ここらで、旨くリセットしなければいけない。何とか早めに調整しないと思い。今日は、日曜日である事から、思い切って家でごろごろする事にした。

従って、午前中は、パソコン弄りをして過ごし、車の水洗いをして終る。午後は琵琶湖マラソンをテレビで観戦して過ごす。そして、かねまんにっ食料品を買いに行ってくる。途中に、池松さんに会い、「季節の移り変わりに気がつかない、まして、介護をしていると一日の過ぎるのが早くて”」と云っていて、丈夫でないと駄目とも、しかし、みんな通る道だ。人間の最後を飾る花道を綺麗に飾れるには難しいなあ・・・と考えてしまった。

孝貴久しぶりに電話する。光ファイバーに変えたことを伝え、またパソコンを使う事で、人生がに生き甲斐が出来て本当に良かったことを話した。

それにしても、季節は、1ヶ月も早い4月下旬の陽気だとか、今日は20度と暑いくらいにまで上がっていた。NTTの大きめになったもみじの潅木の中で、うぐいすの姿が見えて、まだ上手に鳴けないが、(練習中?なのかな)一生懸命に声を出していた。しばらく、じっと耳を済まして聞いていた。また、金網の向うに水仙が可憐な花を咲かせていた。

季節の移り変わりも認識する事はいま、だいじな事で、何かで自分を見失わない事だ。しっかり自分を見据えて、言動に気を配ることだ。

そうして心に余裕を持ち俳句などを、考えるゆとりを作らなければならないと思う。

何か人生の下りの階段を2段ぐらいをいっぺんに飛び降りた感じなるからだ。それではいけない。

そうして、疲れたら休み、明日に備える事だ。今日は日曜日だからな・・・久しぶり心にも休みを取った。

2007年3月 3日 (土)

時の移り変わりを感じる

ごみ拾いを済ませ、朝9時半より統一地方選挙の前哨戦とも言うべき地元候補者の事務所開きという事で行き、4時半まで出かけていた。

5期20年も八王子市議を勤め6期目の挑戦である。後援会のみんなも年を取り、80歳を超えてまでも、後援会会長、選挙対策委員長、等々が皆そうである。

秀雄兄も、80歳を越え、大きな病気をして、すっかり歩くのが大変となった今も、事務長として名を連ねている。どう見てもその器で無いと思うのだが、本人の判断なのか周りの人の配慮なのか解からぬが、異様な光景である。

また気がついた事に、現在の社会風潮にそぐわない、昔ながらの考えの持ち主の集まりは若い人たちにとって異様に写るのではないだろうか、もっと新しいニーズに気を配っていく必要があろうかと思う。

そして、思い過ごしなのかもう一寸気持ちに、余裕を持った行動が欲しいと思った事があったりして、人間の考えの違いや、性格の相違は個人個人見んな違う事から、とても疲れた。

世の中は休まず回っている、それについて乗り切れているか、引きずられているか、判断できず、ただ無闇に、昔ながらのスタイルでやればいいと思っていては選挙に勝てないのでは無かろうかと思った。

結論は、時の移り変わりが余りにも早い事を感じたのである。(選挙事務所開きに当たって)

2007年3月 2日 (金)

タイミングが悪かったかな

この所の株価は、中国の暴落による世界の金融関係に大きな波紋を呼び起こしてしまったようだ。ロンドン、ニューヨーク、東京と株価は下がりが止まらない。

丁度その前日に××証券にファンドを安心一番(株)○○さんに依頼したのだ。タイミングが悪い方にぴったり?(保持している、野村の××ファンド、○○株も大きな影響?)

まあ・・・慌てても仕方が無い、長い目で見ないとこういうものは、と思う。最低でも3年を見ないといけないのでは・・・?じゅっくり行こう。

パソコンの方だが、光ファイバーに変えてから、Windows Internet Explorer 7に変えたり、あまり使っていないWindows Media Play 11に変えたりしたが、自分ではあんまり理解できないでいる。いわゆる使いこなせないのである。また自分のココログのURLを検索しても旨くログイン出来ない。(これも理解不足だ)気になるが、しかし、何としても、苦労した初期化だけは、避けたい。

今日の行動は、ごみ拾いをしながら、会館チェックに行く、たま信に行って会館通帳の記帳と6月に旅行のパンフを貰う(草津)本家のアパートと本家のチェック(草取り、玄関掃き掃除)をして10時40分家に戻る。(敏ちゃん家に行き話をした。)

昼食は、昨夜の混ぜご飯を弁当に詰めて、津久井の城山湖に行き、食べる

2時に帰って来て、会館の会計帳簿を整理し、パソコン弄りをしてすごす。

俳句と思ったが、無理に考えても旨い物は出来ない、自然と出来る精神状態の中でないと駄目だ。この所心の余裕というか、時間が経つのが早いと云うか、そういう状態ではない。いけないと思っているのだが。

2007年3月 1日 (木)

ボランティアとは

ボランティア=Volunteer《志願者》自主的に社会事業などに参加し無償の奉仕活動をする人。と辞書には、書かれている。

実は、頼まれて八王子市会議員の選挙(統一地方選挙)が4月22日が投票日で行われる。地元候補者の塚本秀雄も5期目に立候補する。事務所開きが3月3日10時である。そのために、事務所の整理と会場作りに朝から3時まで手伝った。

地元の人の手伝いは3人で、外7人は離れた所の地区だった。候補者は地元の人が中心であって欲しいと思っている。そこで慣れない作業であるが、頼まれたのでボランティアだが、手伝いをした。

選挙に興味が無くても、周りの人が盛り上げないと本人も、辛いだろうと思う。仕方なくとは言いたくない。(馬鹿にならないと出来ない仕事かな)

今日は、早くも3月だ。月日の経つのが早いもの、まして暖冬だった今年は、陽気も早めに回っている様なき気がしてならない。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »